エア ジョーダン 33でフライト準備を。
2018. 10. 10

エア ジョーダン 33 PF
¥21,600(税込) / 25-31,32㎝

来月のエア ジョーダン 33発売は、最高の快適さ、機能性とスタイルを備えたバスケットボールシューズを実現するためのナイキのファストフィットテクノロジーの登場を意味します。

「今年発売のゲーム用シューズ、エア ジョーダン33に、初めてファストフィットテクノロジーを採用しています。より高く飛べるようアスリートのために、足とシューズの一体感、究極のロックダウンを提供します。」とマイケル・ジョーダンは話します。「エア ジョーダンのゲーム用シューズは、誕生した当初から誇りを持っています。アスリートの意見を大事にし、最新のイノベーションを取り入れ、見まごうことないジョーダンらしいシルエットを作ってきました。そのバランスの良さもあり、このゲーム用シューズのシリーズはスポーツの中でもスタイルの面でも革新を実現してきました。」

ファストフィットテクノロジーの採用で、エア ジョーダン 33もまたジョーダンらしく仕上がりました。例えば、1985年以来マイケル・ジョーダンのシグネチャーラインにはエアが象徴的な役割を果たしていますが、それが不可欠な存在となったのは、1988年のティンカー・ハットフィールドが手がけたジョーダン3以降と言えます。そのシューズにおいて、エアがビジブルになり、それにより(‘88年のダンクコンテストでフリースローラインから飛び上がった時など、)マイケル・ジョーダンが空中を飛ぶ姿にさらにオーラが加わったのです。

ファストフィットテクノロジーがエア ジョーダン 33のアーチ裏に見られます

「ジョーダンのDNAの中には、常に『飛ぶ』という要素が含まれています。」と、ジョーダン ブランドのデザイン担当ヴァイスプレジデントのデヴィッド・クリーチは話します。「実用性を重視した宇宙服のデザインをインスピレーションにしながらエア ジョーダン 33を作りました。宇宙服のように、このシューズも機能を発揮するために作られた、目に見えるテクノロジーを特徴としていますが、それが同時にスタイルの重要な要素にもなっているのです。」

エア ジョーダン 33は、これまでと異なる美の基準を取り入れることで、ジョーダンシリーズの伝統である、ビジブルなテクノロジーを盛り込んだデザインを進化させています。ファストフィットはシューレースの役割を抑え、コートで動き回る足をしっかりとシューズに固定させる新しいシステムを提案します。

前足部のストラップを引いて、エア ジョーダン 33のファストフィットを動作します

ファストフィットテクノロジーの仕組み:

  1. シュータンと踵のループで足が入れやすくなっています
  2. フィットを締めるシステムは、前足部のストラップを一度引いてケーブルを動かすことで、全方向から足をシューズに固定(ロックダウン)させます
  3. サイドループを引くとシステムが解除されケーブルが緩みます

上記2、3はゲームの間にも簡単に繰り返すことが可能です。休憩の時には緩め、プレーが始まれば引き締めるなど、デザイナーのテイト・カービスが「引っ張ってゴー」と呼ぶ、履き心地の変化を実現します。これは、エア ジョーダン 33は単に構造が新しくなっただけに止まらない本質的な変化をも象徴しています。

「ファストフィットテクノロジーを用いることで、デザインの中にアートとサイエンス(技術と芸術)のバランスを取り入れることができました。」とカービスは話します。「宇宙服の外見と機能を参考にしました。全て実用的であり、それぞれの要素と機能が明確にわかる。これがファストフィットを締める時に引くコード、緩める時のコードやその仕組みを考えるきっかけとなりました。また、機能と外見、そしてグラフィックとの調和を図ろうとする思いにも繋がっています。」

ヒールタブの”Nike Air”はクラシックなジョーダンのグラフィックを踏襲しています

エア ジョーダン 30以降の全てのジョーダンと同様、エア ジョーダン33も過去のデザインの微細な要素を生かしています。フィットを調整するシステムのウィンドウ部分は、かつてのエアのウインドウを模しており、かかとのタブの”Nike Air”は、3、4、5と6を彷彿とさせるものです。特に大きめのシュータンはジャンプマンロゴの配置には最適で、これは3でハットフィールドが初めてこのロゴを使った時も同様です。

「ジョーダンの奥深くに存在するDNAとデザインイノベーションを融合させることによって、コートの中と外の両面でしっかりと主張を持つシューズが出来上がりました。」と、ジョーダン ブランドフットウエアVPのジェントリー・ハンフリーは話します。

エア ジョーダン 33の裏部分には、ジョーダン ブランドのフライトスピード・テクノロジーの最新版(現在、ナイキ ズーム ヴェイパーフライ4%のカーボンプレートと同じ方法で作られています)と、ナイキ ズーム エアユニットが用いられています。アーチの下部分の丸くくり抜いた部分には、ファストフィットの仕組み、つまり緩んだりしまったりする様子が見られます。エア ジョーダン33に用いられる、フライトスピード、ズームエア、ファストフィットの各システムの組み合わせは、ジョーダン ブランドがバスケットボールフットウエアの進化に取り組み続けている努力の現れです。

エア ジョーダン 33 は、11/2よりNIKE.COM及び、一部のNIKE/JORDAN販売店で発売予定。

画像データはこちらのリンク左上にある「DOWNLOADS」よりダウンロードをお願い致します。

SEE MORE NIKE NEWS (プレスリリース)

ナイキ ACG SPRING/SUMMER 2019 アパレル プレビュー

ナイキ ACG アパレルは、アウトドアを楽しむことをサポートし、推奨してきました。「皆さんにハイキングやキャンプ等のアウトドアに出...

ナイキのエアが環境に優しい理由

ナイキとフランク・ルーディがエアに関しての協力をし始めた当初、エアを膨らませるための材料として、2つの気体:ヘキサフルオロエタン(...

ナイキ ACG リアクト テラ ゴービーが新登場

ナイキ ACG(All Conditions Gear)の存在は、週末を野山で過ごしたり、モーニングコーヒーを兼ねてランニングに出...

ジョーダン ブランド Summer 2019 Preview

エア ジョーダン 14 White/Red エア ジョーダン 14の発売20年を記念して、クラシックな色がOGそのままの形で...

ナイキ ポロにおける、新しい点と変わらない点

元々は馬に乗ってマレットを振るうスポーツの際に着用されていたポロシャツは、20世紀の初頭ごろに発明されました。そして、よりスポーツ...

テニス界のスーパースター 大坂なおみ選手がナイキと契約

グランドスラムで2勝を果たし、現在世界ランキング 1位の大坂なおみ選手が、ナイキのエリートプロアスリートに名を連ねることとなります...

ミッシング・リンク x ナイキ エア マックス スーザン発売

今回、ナイキとアニメーションスタジオ LAIKAの最新コラボレーションのインスピレーションとなったのは、同スタジオの新作映画「ミッ...

4つのコラボレーターとのナイキ エア マックス

エアの歴史は、ナイキ社内の活発なコラボレーションに支えられていますが、その勢いは世界中のさまざまな才能を持つ人とのアイディア交換に...

日本初となるNike SB スケートパーク「Nike SB dojo」4月6日(土) 東京・天王洲アイルにオープン

2020年に日本での開催を迎える国際大会で初めて正式競技に採用されたスケートボードがより一層の盛り上がりを見せる中、ナイキジャパン...

ローズマリー・セントクレアが語る女性スポーツの未来について

ナイキ VPでNIKE WOMEN GMでもあるローズマリー・セントクレアは、過去20年におけるスポーツ界での女性の状況と、勇気や...

ジョーダン ブランドがスケートボードカルチャーの歴史の一部であるエア ジョーダン 1を祝福

1985年に発売されたエア ジョーダン 1はシグネチャーシューズに関するすべての常識に疑問を投げかけるものでした。カラー(ルールに...

ナイキ マーキュリアル 360 スーパーフライ LVL UP

20年以上もの間、ナイキフットボールのアイコンであるマーキュリアルは、これまで爆発的なスピードを色やデザインで表現してきました。今...

ナイキ トータル 90 レーザー SE

ナイキフットボールのクラシックシリーズの歴史を祝い、ナイキ トータル 90 レーザーが限定特別版として戻ってきます。 ナ...

2019 ナイキ フリー ランニング コレクション

ナイキ フリーは足を自由に屈曲し、広げ、動くことを可能にします。従来のランニングモデルよりもより足の構造に近い足型(ラスト)を使っ...

ナイキ フリーとは

2001年、ナイキのデザイナーたちは、スタンフォード大学のランナーたちが、学内トラックの内側の芝地の上を裸足でクールダウンしている...

KD 12の内側について

ケビン・デュラントのシグネチャーシューズは、すべて快適さと反発性のバランスが取れたものになっています。最新の KD 12でも、シュ...

ナイキ エアの歴史

70年代のエア 1925年オハイオに生まれたマリオン・フランクリン・ルーディ(下の写真)は航空宇宙エンジニアでしたが、他業種...

エア ジョーダン 3 ティンカー “エア マックス 1”

AIR MAX DAYを記念して、ティンカー・ハットフィールドの手がけたもっともアイコニックなモデルの2つを融合させた、エア ジョ...

ジョーダン エア ラティチュード 720

ウィメンズ エクスクルーシブのジョーダン エア ラティチュード 720は、ジョーダン ブランドのフライト・ユーティリティのコンセプ...

ナイキ ヴィクトリー パック

この夏、ナイキの名前の由来にもなっている勝利の女神ニケの印象的な翼が、ナイキのヴィクトリー パックにあしらわれ、世界中のピッチに登...

14カ国のナショナルチームのための未来のフィット感

ナイキがサポートする14カ国のナショナルチームが、女子フットボールの究極の大会のためのユニフォームを披露する時、何百万ものファンは...

人の息がかかったテクノロジー:女性のためのイノベーションの未来

今こそ、ナイキで仕事をしている醍醐味を感じています。これまでとは少し違った方法で、女性アスリートを中心に据えて、アパレルのイノベー...

ナイキ ウィメン サマー アパレルコレクション

ナイキ ウィメンのサマーシーズンのアパレルは、様々な目的に対応するコレクションや、自由で効果的な動きに適した機能性重視のパックなど...

ナイキ ウィメン フットウェア プレビュー

ナイキ ウィメンがサマーシーズンに展開するフットウェアは、ナイキ エア フォース 1のようなクラシックなプロダクトから、未来を感じ...

ナイキ サマー 2019 サスティナブル フットウェア コレクション

この夏展開するフットウェアには、色や構造、素材イノベーションへの美しく新しいアプローチが盛り込まれています。 これまでとは違...

新しいスポーツブラに注目

写真右:ナイキ フライニット インディ スポーツブラ ¥7,560(税込) 適切なスポーツブラがあるかないかで...

ナイキ、2019年のアメリカ、ブラジル、フランス、ナショナルチームキットを発表

ナイキは、2019年のアメリカ、ブラジル、フランスのナショナルチームキットを発表しました。 アメリカ 時代を変えた99...

ナイキがこの夏のフットボールを皮切りに次世代の女性アスリートへのコミットメントを深める

左から:Wang Shuang、Wu Haiyan(中国)、Sophie Schmidt、Janine Beckie(カナダ)、A...

NIKE AIRからインスピレーションを得たクリエイティブワークショップイベント“THE TOKYO DEPARTMENT”が2日間限定で開催

1987年に登場した初代ナイキ エア マックスは、大きなビジブルエアのクッショニングを搭載した初めてのシューズです。登場以来、ナイ...

Nike Air MaxThrowback Future Pack発表

ナイキ エア マックス 720、ナイキ エア マックス 95 PRM、ナイキ エア マックス プラス SE、ナイキ ヴェイパーマッ...

NIKE SPORTSWEARナイキ エア マックス 720新色発売

※ビジュアル出演:今田美桜、KID FRESINO 2月1日より発売が開始された、史上最も厚みのあるエア バックを搭載してい...

レブロン 16 Low x atmos “Safari”

サファリプリントのディテール、大胆な配色、つま先のミニスウッシュが特徴のレブロン 16 Low x atmos “Safari”は...

ナイキ独自の3Dプリントを採用したナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート フライプリントを国内で初めて販売

ナイキ初の3Dプリントを活用した競技用フットウェアのテキスタイルアッパーであるフライプリントを搭載したモデル、ナイキ ズーム ヴェ...

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー 360 NJR Silêncio

ネイマールJr.は怪我からの復帰を控え、自分のゲームプランを支えるのは、マインドの強さだと考えています。その中でも、すべての否定的...

NIKE: ON AIR受賞者によるデザインが完成

Nike: On Air 2018コンテストの最終デザインには創造力にあふれる多彩なストーリーや素材づかいのテクニックが盛り込まれ...

高橋盾氏が手掛ける最新のNIKELAB GYAKUSOU SP19 コレクション

速く走る人がいれば、長く走る人もいます。その両方で走る人もいます。タイムを目指して時間と戦う人もいれば、他の人(ランナー)と戦う人...

ナイキとジョーダン ブランドの2019 NBAオールスター コレクション

ジョーダン ブランドの2019年のNBAオールスター ユニフォームの発表に次いで、ナイキとジョーダン ブランドはシグネチャーアスリ...

ジョーダン ブランドが2019年NBAオールスターユニフォームを発表

開催地のシャーロット(ノースカロライナ州)と、人々の記憶に残る1991年のNBAオールスターゲームが、今年のジョーダンブランドのN...

ナイキ エア ズーム ペガサス 35 フライイーズ

ナイキ エア ズーム ペガサス 35 フライイーズは、フルレングスズームエアの反発性のあるクッショニングと、締め付けを調整できるフ...

BLACK HISTORY MONTH のきっかけ、そして新コレクションを発表

2005年、ナイキはBLACK HISTORY MONTH (BHM:黒人歴史月間)の最初の商品として限定版エアフォース1 を発売...