Press Release

メディア関係者向け お問い合わせ先
ナイキジャパン広報本部 press.jp@nike.com

2016年3月1日

AIR MAXのすべてを体験できる、
期間限定エキシビションスペース「AIR MAX CON」が3月23日よりスタート

ナイキ スポーツウェアは、AIR MAXの誕生日「AIR MAX DAY(3月26日)」を記念し、歴史、デザイン、イノベーションなどAIR MAX のすべてが体験出来る、期間限定エキシビションスペース「AIR MAX CON」を東京・原宿に3月23日(水)~3月26日(土)の4日間オープンします。「AIR MAX CON」は、ニューヨーク、香港、東京の世界3都市にて開催予定です。

「AIR MAX CON」には、過去29年間のAIR MAX トップ100足が展示され、自分のお気に入りの1足を選んで投票できる「VOTE BACK」、多様なアーティスト達がAIR MAXをテーマに制作した作品の展示スペース「ARTIST OF AIR」、デザインコンサルタントと一緒にリアルタイムでカスタマイズできる「NIKEiD STUDIO」、様々なワークショップを行う「AIR MAX STUDIO」があります。

またAIR MAXの誕生日である、最終日3月26日19:00~21:00には、フィナーレのイベントを開催予定です。
AIR MAXアワードやVOTE BACKの投票結果発表、スペシャルライブなど、盛りだくさんの内容を予定しております。

「AIR MAX CON」への入場予約は、3月1日よりNIKE.COM/AIRMAX にて 行うことが可能です。

「AIR MAX CON」概要

  • スペース名:AIR MAX CON
  • 所在地:東京渋谷区神宮前6-4-1 1F/B1F
  • オープン期間:3月23日(水)~3月26日(土)
  • オープン時間:11:30~21:00 (3月26日のみ10:00~22:00)
  • 入場無料(NIKE.COM/AIRMAXにて事前登録が必要)

「AIR MAX CON」コンテンツ概要

<VOTE BACK>
「VOTE BACK」 では、過去29年間のAIR MAXのトップ100足の実物を展示、その中からお気に入りの1足に投票するスペースになります。コンシェルジュによるガイドツアーを通して、各モデルについて学んだり、自分のペースで鑑賞することも可能です。スペース内のデジタルスクリーン、またはNIKE.COM/AIRMAXから投票を行い、1位に選ばれたモデルは2016年秋に復刻発売予定です。

<ARTIST OF AIR>
YOSHIROTTEN、RYOONO、buggy、BAKIBAKIなど、多様なアーティスト達がAIR MAXをテーマに制作した作品がご覧いただけます。アーティストの作品は開催期間中、会場にて展示されます。

<NIKEiD STUDIO>
デザインコンサルタントのアドバイスのもと、自分だけのAIR MAXを作ることができます。

<AIR MAX STUDIO>
「AIR MAX STUDIO」では、ナイキのデザイナーやインフルエンサーと共に参加できるワークショップを行います。

  • ナイキデザイナーと共に新しいAIR MAXをデザインするワークショップ
  • タレントでありスニーカーヘッズとして著名なレイザーラモンRGを迎え「キモ撮り」の撮影会
  • スニーカークリーナーの職人によるスニーカーのクリーニング方法を学ぶワークショップ

※上記ワークショップの日時については、NIKE.COM/AIRMAXをご覧ください。

<MASTER OF AIR>
日本国内のスニーカーコレクターによる、こだわりのAIR MAXコレクションを展示。限定モデルなどスニーカーウォールにてご覧いただけます。

<SPECIAL LIVE>
AIR MAX好きなアーティストによるスペシャルライブを会場にて行う予定です。
3月25日:SANABAGUN.
3月26日:IO (KANDYTOWN / BCDMG) The fin.

<ARTIST>
■ARTIST OF AIR

YOSHIROTTEN
グラフィックアーティスト/ アートディレクター。東京を拠点にしながら、 グラフィック、web、映像などを軸にファッション、音楽、広告まで幅広く制作を行う。
www.yoshirotten.com

RYOONO 商業施設の壁画制作や、パッケージデザイン、企業キャンペーン用グラフィックの制作、テキスタイルデザイン、CI&VIデザインやグラフィックデザイン等、多様なシーンで活動。
www.ryoono.com

BAKIBAKI
1978年大阪生まれ。ミニマルな直線の繰り返しが有機的な曲線を描いていく通称"バキ柄"をシグネチャーとして、日本全国/世界各地に壁画やライブペイントで足跡を残し続けている。

BUGGY
大阪、渋谷で展開するショップ「ASOKO」のファサードを手掛けるほか、グループ展や個展などでも活躍する。その他、オリジナル商品なども多数リリースするなど、多岐に渡って活動を続ける。

Teppei Kaneuji
コラージュ的手法で切断・接続・積上げることにより元の意味、用途、名前、役割、スケールから解放する。2009年横浜美術館での個展「溶け出す都市、空白の森」などのほか、海外での個展や企画展も多数。

■ARTIST OF AIR

IO (KANDYTOWN / BCDMG)
幼少期より同じ街で育ってきたメンバーにより構成されている KANDYTOWN LIFEの中心メンバーであり、クリエイター集団BCDMGのメンバーでもある。ラッパー以外にもアート・ディレクター、ヴィジュアル・クリエイターなど表現者として多彩な顔を持つ今、東京で最も注目の集まるアーティストのひとり。2016年2月14日にデビュー・アルバム『Soul Long』をリリースした。

The fin.
神戸の4人組ロック・バンド。80~90年代のシンセポップ、シューゲイザーサウンドから、リアルタイムなUSインディーポップの影響やチルウェーヴなどを経由したサウンドスケープは、ネット上で話題を呼び、日本のみならず海外からも問い合わせ殺到している。

SANABAGUN.
管楽器を含む6人の楽器隊とMCとボーカルからなる8人組の生HIP-HOPチーム。渋谷路上でのストリートライブを繰り広げ話題に。今年注目の平成生まれ生HIP-HOPチーム。