ナイキ x トム・サックス ポンチョが登場
2019. 04. 24

ナイキとトム・サックスのコラボレーションによるポンチョは、良いソリューションを作り上げる為には時間がかかることを再認識させてくれます。シンプルなプロダクトからは想像できないくらいに形状を変化させるこのアパレルは、4年間に渡る無数のテストと改善を繰り返しようやく完成しました。

変形するアパレルを考えるデザインチャレンジの結果、2015年にこのポンチョが考案され、ナイキのスペシャル アパレル プロジェクトに関わるシニア デザイン ディレクターであるジャレット・レイノルズなどのデザイナーたちが製品化に取り組みました。レイノルズは、収納されている状態から素早く着ることができ、使用後は簡単かつスリムに収まるアイデアに魅了され、次のように話しています。「最初の試作品には、完全に切り離せるジッパーを採用しました。素早くポンチョを着るために一瞬で力強く大きく開けるようになりましたが、ジッパーの配置にとても苦戦しました。」

サックスのひらめきをもとに製作された試作品コレクション

非常に細かいディテールに富んだプロトタイプにも関わらず、その後2年間で最初の試作品をもとに8から9個のコンセプトが生まれました。それぞれのコンセプトに実用性はありましたが、ポンチョとして完璧ではありませんでした。そこで、レイノルズはナイキとコラボレーションをしていたトム・サックスにポンチョのビデオを見せました。

レイノルズは次のように話しています。「トム・サックスが“これは何とかしないといけない”と言ってくれました。トムとそのチームは問題解決に優れ、我々とは違う視点で物事を見ることができます。まさに違う視点が必要だったのでとても嬉しかったです。」その後、このプロジェクトはアーティストとのコラボレーションであり独創的なものへと発展していきました。

下記のインタビューの中で、サックスはこのポンチョが手探りの試みからナイキクラフト プロジェクトへと発展した経緯を語っています。

ナイキニュース:ナイキクラフトはナイキとトム・サックスのコラボプロジェクトですが、このプロダクツはどのように製作されたのですか?

トム・サックス:まずナイキクラフトは単なるブランドではなく、透明性とものづくりの根拠に基づいてプロダクトを作るという理念でアプローチされていることをみなさんにご理解いただきたいと思います。
ジャレットからポンチョのアイデアと問題点を教えてもらったとき、ジャレットは複雑すぎると言っていました。そこで私は「大丈夫。動画を作ってみます」と伝えました。動画制作を通して、ポンチョを閉じる仕組みや収納する方法をシンプルにしていきました。また、ドラッグレース(約402mの直線走行を競うモータースポーツ)から着想を得たパラシュートが開く構造や、ウエストバッグなどのアイデアを取り入れていきました。

ナイキニュース:切り離せるジッパーや大まかな構造をジャレットから見せられたように、誰かが新しいものを見せてくれたとき、あなたはまず何を考えますか?どういった経緯でドラッグレースにたどり着いたのですか?

トム・サックス:最初の試作品を見たとき、マジックのトリックを連想しました。その後、偶然ドラッグスター(ドラッグレース専用車両)のパラシュートが開く構造とパラシュートを折りたたむところを見て、我々が抱えているポンチョを開く複雑な構造についての問題が他の業界では解消されていることを知りました。高速から低速へスピードの変化を可能にするこのメカニズムは、ポンチョにも応用できると考えたのです。また、変化という点では、春は生活が大きく変化する季節なので、統計的にも携帯電話や鍵、財布をなくす人が増える大変な時期でもあり、突然の雨に降られても傘を持っていない場合が多いことから、こういう問題を全てまとめて解決することはできないかと考えました。私たちはスタジオで多くの問題を抱えているとき、さらに問題を追加することで解決方法を見出せるということを学びました。

ナイキニュース:全てのプロダクツには、サックス スタジオで製作したセラミックのマーキングが施されています。多様な製造プロセスの一部として、ご自身のスタジオをどのように捉えていますか?

トム・サックス:ナイキと協力することで、スタジオ単独では絶対に製作できない規模で商品を作ることができる点に最大の魅力を感じています。こうしたセラミック ビーズは簡単に作ることが出来るので、自社で何千個も作れたら面白いのではないかと考えたのです。ビーズ製造工場を建て、手作業で成型・穴あけをして、スウッシュとトム・サックスのロゴをあしらったビーズを16,000個作りました。ビーズには作業員の指紋も残っています。

ナイキニュース:コレクションの製作過程には多くの人が関わっていますが、ポンチョに関しては特にベトナムを強調しています。ナイキクラフトのコラボレーションにおいて、工場との関係の重要性について教えてください。

トム・サックス:今回協力したベトナムの工場は、これまで協力してきた工場の中でも特に優れていると感じました。単純に言われたことだけをやるのではないという、まさに真のコラボレーションに必要な要素を持っていたのです。一緒にプロダクトを作ってきたので、透明性という観点からも、ものづくりに携わる人について伝えることも重要だと考えています。様々な要素を取り入れてナイキクラフトの商品を仕上げるためには健全な関係性が必要ですし、機能を支える情報を共有することも含めて、透明性がとても大切です。まずその考え方をナイキクラフトで徹底しています。そしてポンチョの機能は現在特許申請中です。

ナイキ x トム・サックス ポンチョ
¥54,000(税込)

ナイキクラフト コレクションを代表するポンチョは、トリニティケースに採用されたダイニーマ素材(マーズ ヤード オーバーシューにも採用された超強力繊維)からサックス スタジオで製作されたセラミック ビーズまで様々な素材を使用しています。フィドロック バックルでウエストバンドの利便性を高め、ポンチョ自体は最小サイズで最大限の範囲をカバーする防水性と通気性に優れた3層構造の生地を採用しています。ポンチョの背面には生産地であるベトナムの名が力強く堂々とプリントされています。
サックスは次のように話しています。「このコレクションには、素材とものづくりの透明性に対する我々の考え方がうまく反映され、作品に携われたことを誇りに思っています。私がスタジオで作る他の作品と同じ価値観、品格があります。」

このコレクションは飾っておくこともできますが、サックスはこのコレクションを単純に使うだけでなく、私たちが何を考えて何をしたか、そして何よりもその過程について深く知ってもらうきっかけになればと強く願っています。

ナイキ x トム・サックス ポンチョについての詳細はこちらのムービーよりご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=ioZX_pJz-Cc

ナイキ x トム・サックス ポンチョは、東京オペラシティ アートギャラリーで開催されるサックスの「ティーセレモニー」に合わせて、4月27日から、NIKELAB MA5、DSM GINZAで発売予定です。

SEE MORE NIKE NEWS (プレスリリース)

スピードを表現した新しいナイキ マーキュリアル

ナイキ ヴェイパー 14 エリート FG ¥29,700(税込) ※ナイキ スーパーフライ 8 エリート FGは、日本...

ナイキ&浦和レッズの2021年新ユニフォームを発表クラブに関わる全ての人が一丸になって戦うパワーと情熱を、伝統のカラーとスタジアムやダイヤモンドの構造を取り入れたデザインで表現

ナイキは、2021年シーズンに向け、浦和レッズの新ユニフォームを発表します。ホームユニフォームは、伝統のカラーコンビネーションであ...

ナイキ ダンク 2021 SPRING プレビュー

ナイキ ダンク ロー / ブラック・ホワイト ¥11,000 + 税 ナイキ ダンク ロー / レッド・グ...

ナイキ&鹿島アントラーズの2021年新ユニフォームを発表クラブ創設30周年記念として伝統カラーのオールレッド仕様で、武の精神をインスピレーションに鹿の角や刀が交わる瞬間をXのグラフィックで表現

ナイキは、2021年シーズンに向け、鹿島アントラーズの新ユニフォームを発表します。クラブ創設30周年記念モデルとして、伝統カラーで...

FACETASMとのコラボレーションラッセル・ウェストブルックのJORDAN “Why Not?” コレクション

JORDAN WHY NOT ZERO.4 PRM PF ¥17,500 + 税 今回のイラストが入ったクリエイテ...

ドレイクがノクタに込めた思いを語る

ナイキ本社で撮影した“ Laugh Now Cry Later”ビデオ、"Certified Lover Boy"のアルバムに寄せ...

駅伝シーズンに向けた「EKIDEN PACK」コレクション12月17日より日本先行発売

ナイキは、2020-2021年の駅伝シーズンに向け、駅伝ランナーからインスピレーションを受けてデザインされたシューズとアパレルから...

J バルヴィン インタビュー

子供の頃からのスニーカーへの想い、 ジョーダン ブランドとコラボレートする初のラテン系アーティストとなること、 そして、音楽と...

メデジンから世界に贈るエア ジョーダン 1 x J バルヴィン

エア ジョーダン 1 x J バルヴィン ¥20,500 + 税 音楽と自己表現に関する常識を打ち破ってきたコロン...

NIKE X UNDERCOVERのホリデーコレクションが登場

NIKE X UNDERCOVER パーカー ¥50,000(税抜き) NIKE X UNDERCOVER 2イン1 ...

ジョーダン ブランド SPRING 2021 レトロ コレクション

ジョーダン ブランドは、2021年のSPRING コレクションの発表とともに、新年を迎えます。新たなウィメンズの3つのシューズ(エ...

バスケットボールカルチャーを表現するNIKE x AMBUSH® NBAコレクション

NIKEと、NBA(ナショナル バスケットボール アソシエーション)とコラボレーションする初めての女性デザイナーとなるYOONが、...

ナイキ、新しいフィルム「動かしつづける。自分を。未来を。」発表

ナイキは、前向きな変化を促すスポーツの力を賞賛し、日本の全てのアスリート*たちが直面するバリアを打ち破ることを目的とするフィルム、...

ジェリー・ロレンゾがアメリカのファッション史とバスケットボールをつなぐ

(左)ウォームアップ トップ ¥17,500+税、ウォーム アップ パンツ ¥20,000+税 (中)シューティ...

新しいロゴをあしらった大坂なおみのアパレル コレクション

Naomi Osaka ユニセックス ナイキ ビーニー ¥3,500 + 税 Naomi Osaka NKCT PO...

G-DRAGON ナイキ エア フォース 1 パラノイズ第2弾

ナイキ x G-DRAGON エア フォース 1 パラノイズ ¥22,000 + 税 1年前、ソウル生まれのヒップ...

ナイキ エア マックス ゼファーで進化するエア

ナイキ エア マックス ゼファー ¥20,500 + 税 元々はミッドソールの内側に隠されていたのが、エア マック...

ナイキ ペガサスト レイル 2 GORE-TEX優れた防水性とクッション性を持ち合わせたトレイルシューズ

ナイキジャパンは、今シーズン「ナイキ ペガサス トレイル 2 GORE-TEX」を発売しました。「ナイキ ペガサス トレイル 2 ...

サステナビリティと機能性を両立する最新のナイキ ACG コレクション

ナイキ メンズ NRG ACG ミゼリー リッジ GORE-TEX ジャケット ¥50,000 + 税 ナイキ ACG...

歴代のランニングイノベーションを引きついだNIKE x sacai ヴェイパーワッフル

2020年1月に登場したNIKE x sacai ヴェイパーワッフルは、記録破りのヴェイパーフライと1983年に発売されたペガサス...

ジョーダン ブランドの最新コレクションで冬を暖かく

ジョーダン ウィンター ユーティリティ メンズ ジャケット ¥15,500+税 ジョーダン ウィンター ユーティリティ...

ヴァージル・アブローが手掛ける最新のジョーダン x OFF-WHITE コレクション

OFF-WHITEを手がけるヴァージル・アブローは、最新のジョーダン ブランドとのコラボレーションで、ヘリテージを感じさせる美しさ...

NIKE x sacai アウターウェア コレクション

2019年1月、デザイナー 阿部千登勢氏は、パリで行われたsacaiのショーの中で、ナイキとのコラボレーションによるナイキ x サ...

ジョーダン ブランドとパリ・サンジェルマンが新しいサードユニフォームとライフスタイル コレクションをボルドーで彩る

ウィメンズ ジョーダン PSG フリース トップ ¥13,000+税 ウィメンズ ジョーダン PSG タンクトップ ...

国際ガールズ・デーにスポーツを通して女の子のエンパワーメントを促進ナイキのランニングアプリNRCで世界中から参加できる「ランニングチャレンジ」を開催

10月11日に1km以上走って、女の子がもっとスポーツを楽しめる未来を作る第一歩に ナイキは、10月11日の国際ガー...

スピードをパターンで表現するナイキ マーキュリアル ドリーム スピード 3

ナイキ ヴェイパー 13 エリート MDS AG-PRO ¥25,000+税 ※日本での展開はAG-PROのみとなりま...

デザイナーの目から見たナイキ スポーツウェア マーブル エコダウン ジャケット

ナイキ スポーツウェア シンセティック ウィメンズ ジャケット ¥25,000 + 税 循環型とは、サステナブルな...

サステナブルなイノベーションを代表するウィメンズ ナイキ ワッフル レーサー クレーター

ナイキ ワッフル レーサー クレーター ¥11,000 +税 ナイキ ワッフル レーサー クレーターは、時代を超...

ナイキ x OFF-WHITE ラバー ダンク登場

2020年2月に誕生したナイキ x OFF-WHITE ラバー ダンクは、ナイキ ペガサス シリーズの要素とナイキ ダンクを掛け合...

サステナブルなイノベーションでアイコンを高めるナイキ エア フォース 1 クレーター

ナイキ エア フォース 1 クレーター ¥12,000 + 税 ナイキ フォームとナイキ グラインド ラバーをブレ...

ナイキが考える多様でサステナブルなスポーツの未来誰もが楽しめる刺激的な遊びと、様々な形のスポーツ体験を生み出す、新しいデザインコンセプトのパーク「TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT x ART」が10月10日オープン

ナイキジャパングループ合同会社(VP 兼ゼネラルマネージャー小林哲二、以下「ナイキ」)は、三井不動産レジデンシャル株式会社(代表取...

バスケットボールのテクノロジーをさらに進化させたエクリプス プレート 2.0を搭載したエア ジョーダン 35

エア ジョーダン 35 SP ¥21,500+税 エア ジョーダン 35の“Center of Gravity”カ...

ローハン・ワンが循環的デザインを独創的に表現

ナイキ エア フォース 1 フライレザー ¥12,100(税込) ナイキ ブレーザー ミッド ’77 フラ...

ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 新色発売

ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% ¥30,000+税 「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネ...

懐かしいスタイルとラディカルなイノベーションを結びつけるジョーダン ブランド x フラグメント デザイン コレクションが登場

原宿のゴッドファーザーとも呼ばれるフラグメント デザインの創設者 藤原ヒロシ氏が、最新のジョーダン ブランドとのコラボレーションで...

ミニマリズムの進化ナイキ SB ズーム ジャノスキー フライレザー RMが発売

ナイキ SB ズーム ジャノスキー フライレザー RM ¥9,900(税込) ジャノスキーのリマスター版として、フ...

怖いもの無しのオランダ代表が牙を剥く

ライオンは常にオランダ文化を代表する存在ですが、2020年にも、オランダ向けのナイキの新しいコレクションの中心で吠えるような強さを...