トム・サックスが新しいシューズを生み出すまで
ナイキ マーズ ヤード オーバーシューとポンチョを含むコレクションを
4月27日から順次発売
2019. 04. 22

今回のコレクションには、トム・サックスが新しくデザインしたナイキ マーズ ヤード オーバーシュー、ナイキ x トム・サックス ポンチョ、ナイキ x トム・サックス ビーニーなどが含まれます。

ナイキ マーズ ヤード オーバーシューを制作したきっかけは、冬の終わりに足が冷たく濡れてしまうという簡単な理由からでした。
トム・サックスは次のように話しています。「マーチ ヤード(=3月の裏庭)というニックネームがつけられたナイキ マーズ ヤード オーバーシューは、ニューヨークで最も悪天候とされる3月のために作られたシューズです。その時期はいつも雨が降り、足が濡れたままになってしまうからです。」

この話はシンプルにみえて、実際はもっと複雑で、試行錯誤と質問、回答の繰り返しでした。サックスは経験から学び、より正確にものを作り、直接的に試すことによって学びます。彼は、彫刻家として有名になり、今では様々なメディアを用いた作品を制作し、ありのままの素材と、物事の仕組みの根底にあるものを大切にしています。

ナイキクラフトとして知られるナイキとのコラボレーションも例外ではありません。サックスは次のように話しています。「ナイキクラフトは一つの形容詞であると言えます。これは、ナイキだけが作ることができるものと、サックスだけが作ることができるものの組み合わせを意味します。フィフティ、フィフティであり、実直な美の表現でもあります。」

ナイキ マーズ ヤード オーバーシューの分解図

サックスが初めて手がけたナイキのプロダクトは、2012年に発表され、それ以降彼のフットウェアは拡大しています。これらの経験から、彼は自分の興味のある分野について疑問を明らかにするということを学んでいきました。これは、モノの機能性についての限界を押し破ることにもつながります。サックスは、何がうまくいくのかというだけではなく、どれだけそれがうまくいく可能性があるのか、ということまで常に厳しく追及します。これにより、ナイキのデザイン的な思考を中断させることもありますが、サックスはソリューション開発に新しい視点を盛り込むことを得意としており、自ら新しい切り口を見つけていきます。そういう意味でも、ナイキクラフトはフィフティ・フィフティの関係で成り立っています。

サックスは次のように説明します。「スタジオで何かを作ることはとても簡単です。一つずつものづくりができるという環境にも恵まれ、その利点もあります。しかし、ナイキ的な方法でものづくりをする時には、大量生産にも対応しなくてはいけません。アーティストとして、ナイキが私に与えてくれた最高のことは、私のクリエイティブプロセスを拡張する能力であり、“これは制約要素ではない。考える方法は他にもあるのだ”という考え方につながりました。これは大変価値のあることです。私にとって最大の挑戦は、このような背景から実現できました。」

ナイキ マーズ ヤード オーバーシュー
¥59,400(税込)

サックスは最初に作ったマーズ ヤード シューズが、日々の過度な使用には耐えられないことに気づきました。

摩耗試験者としての彼の経験が認められ、サックスのスタジオはナイキ史上初の都会の摩耗試験センターとなり、2017年発売のナイキクラフト マーズヤード 2.0につながりました。初代で使ったヴェクトラン素材のアッパーに代わり、ポリエステルを縦に編んだトリコットメッシュを使用し、都会の環境での使用に適するように、アウトソールのパターンも逆にしてあります。

ナイキクラフト マーズヤード 2.0は悪条件に適合するように作られたモデルで、サックスの最新のナイキとのプロジェクトであるナイキ マーズ ヤード オーバーシューは、このプロセスの延長線上にあります。サックスは、悪天候によって濡れて冷たくなった足へのフラストレーションに対応するという課題の答えを出すことを通じて、ボートのロープや帆に使われている高強力な繊維のダイニーマ素材を使用するというソリューションに至りました。様々な経験を生かし、多様な機能性を盛り込むことができました。オーバーシューをずっとつけていると、悪天候からの防備になりますが、それを巻いて下に下げることで内部の温度上昇にも耐えられます。2つの形に変えられることで、ニューヨークの3月の天候に適したものとなり、ストリート、地下鉄、さらにはファッションとしてもシックな仕上がりになっています。アウトソールの接地面に小さな切れ込みを入れた新しいソールのパターンは、ニューヨークの冬を熟知しているからこそ生まれたデザインです。サックスの他のプロダクトと同様、ナイキ マーズ ヤード オーバーシューは素材や製作工程の実直さにアーティストの感性がバランスよく配合されたものとなっています。

ナイキ マーズ ヤード オーバーシュー以外にもナイキ x トム・サックス ポンチョがあります。一見、脇のストラップで調整ができ、たくさんの収納ポケットがついたウェストパックにも見えますが、前部にある安全ボタンを解除して色がついたコードを引くと、雨風を遮るポンチョがパラシュートのように開く仕組みとなっています。脇のスナップを止めれば、悪天候の中でもより安心して過ごすことができます。
ナイキ x トム・サックス ポンチョについての詳細はこちらのムービーよりご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=ioZX_pJz-Cc

※日本未展開商品を含みます

ナイキ x トム・サックス ポンチョ
¥54,000(税込)

ナイキ マーズ ヤード オーバーシューとナイキ x トム・サックス ポンチョ、ナイキ x トム・サックス ビーニーは4月27日からNIKE.COM/NIKELAB、SNKRS、NIKELAB MA5、DSM GINZAで順次発売予定です。

SEE MORE NIKE NEWS (プレスリリース)

進化したティエンポ レジェンド 8登場

ナイキ ティエンポ レジェンド 8 エリート FG ¥24,840(税込) ナイキを代表するティエンポシリーズの一...

ジョーダン ブランドがバスケットボールプレイヤー八村 塁、ジェイソン・テイタムと契約

様々なスポーツで活躍する50名以上からなるジョーダン ブランドのファミリーに、今年3年目となるジェイソン・テイタムと新人の八村 塁...

Dream Further キャンペーンと、ナイキと女子フットボールの深い繋がり

Dream Further https://www.youtube.com/watch?v=vhyXNkBbVSU ...

NIKELAB、現代の女性にインピレーションを与えるPOP-UPスペースをオープン「FOR EVERY FUTURE ATHLETE – THE TOKYO SPACE」6月28日(金)〜7月3日(水)まで原宿に期間限定オープン

2019年6月28日(金)~7月3日(水)の6日間、NIKELABは現代の女性にインスピレーションを与えるPOP-UPスペース 「...

ナイキ ズーム シリーズでスピードアップ

ナイキは世界クラスのエリートランナーから、週末に気持ち良く走るランナーまで、すべてのランナーのニーズに応えるため、速さにフォーカス...

ナイキ スポーツウェアのコンセプトに基づいた新レーベルN.354, THE10TH, D/MS/X

N.354、THE10TH、D/MS/Xは、ナイキの実験的、実用的かつ問題解決志向、そして前衛的な姿勢を貫いてきたことをそれぞれ祝...

ナイキ x ストレンジャー・シングス コレクション発売

1985年の夏のインディアナ州、ホーキンスという町を舞台にした、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」。第3シーズンとなる今作で...

ナイキ エア マックス 270 リアクト

メンズ カラーウェイ ¥16,200(税込) ウィメンズ カラーウェイ ¥16,200(税込) ...

バルセロナのアシャンブラ地区の格子状の街並みをデザインしたFCバルセロナの2019-20 ホームキット

バルサまたはクラブカラーのブラウ・グラーナ(青とエンジ)の愛称で呼ばれるFCバルセロナの2019-20シーズンのホームキットは、伝...

ナイキ 2019 BETRUE コレクションが登場

1978年、政治活動家でデザイナーのギルバート・ベイカーは、ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーの人々を結びつけるポジティブなシン...

ユン、クリステル・コシェー、エリン・マギー、マリーン・セル4人のデザイナーが手掛けるフットボール コレクションが登場

スポーツにおいて、ジャージは優れたパフォーマンスをサポートすると同時にそれを称えるものです。アスリートにとっては、実用的な目的を担...

ナイキ エア ズーム ペガサス 36 トレイル6月13日に発売

ナイキはナイキ エア ズーム ペガサス 36 トレイルを6月13日に発売します。ナイキ エア ズーム ペガサス 36 トレイルは、...

Nike c/o Virgil Abloh “Athlete in Progress” コレクションを発売

Nike c/o Virgil Abloh “Athlete in Progress” コレクションを着用したキャスター・セメンヤ...

NIKE x UNDERCOVER SU19 コレクション

UNDERCOVER創立者である高橋盾氏とナイキは、10年間近くに渡りランニングにフォーカスしたGYAKUSOU コレクションを手...

「スタンフォード・ブリッジ」を祝福するチェルシーのホームキット

ブルーズという愛称でも親しまれるチェルシーは、1905年以降スタンフォード・ブリッジ(スタジアム)をホームとしてきました。2019...

NIKE x sacaiLDワッフルとブレーザー Midの2モデルを発売

NIKE x sacai LDワッフル ¥18,360(税込) NIKE x sacai ブレーザ...

ナイキ リアクト プレストの新しい点と馴染み深い点

ナイキ リアクト プレスト ¥12,960(税込) カラー: サイケデリック・ラーヴァ ナイキ リアクト プレス...

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%

マラソン界を席巻しているナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%は、世界で活躍するナイキのランナーたちの貴重なフィードバックを生かし...

ナイキ x トム・サックス ポンチョが登場

ナイキとトム・サックスのコラボレーションによるポンチョは、良いソリューションを作り上げる為には時間がかかることを再認識させてくれま...

ナイキ ファントム リアクト フライニット

今回新たに発売されるナイキ ファントム リアクト フライニットは、シューレースを無くすことによって実現したミニマルなルックスとダイ...

ナイキ x ジェリー・ロレンゾによるコラボレーション第2弾を4月30日より順次発売開始

ナイキ エア フィア オブ ゴッド ウォームアップ パンツ ¥27,000(税込) ナイキ エア フィア オブ ゴッド...

トム・サックスが新しいシューズを生み出すまでナイキ マーズ ヤード オーバーシューとポンチョを含むコレクションを4月27日から順次発売

今回のコレクションには、トム・サックスが新しくデザインしたナイキ マーズ ヤード オーバーシュー、ナイキ x トム・サックス ポン...

オリジナルカラーの黒と赤色のエア ジョーダン 4が登場

1989年5月7日のオハイオ州クリーブランドで、ファウルラインから空を飛ぶように1人のバスケットボール選手がブザービーターを放った...

歴史的な勝利 100 周年を記念するブラジル代表 コパ アメリカ ジャージ

1919年、ブラジルは第1回 コパ アメリカ大会を開催しました。白のユニフォームを着用したチームは、ホームでの優勝で歴史に名を残し...

NIKE x AMBUSH® エア マックス 1804 月 26 日より発売開始

NIKE x AMBUSH® エア マックス 180 ¥19,440(税込) 2018 HOLIDAY シーズンに...

ナイキが JUST DO IT キャンペーンを開始

「私にとって大事なのは、常に自分を信じてポジティブでいることです。 周囲の雑音を気にすることなく、前進し続けて欲しいと思います。...

ナイキ ACG SPRING/SUMMER 2019 アパレル プレビュー

ナイキ ACG アパレルは、アウトドアを楽しむことをサポートし、推奨してきました。「皆さんにハイキングやキャンプ等のアウトドアに出...

ナイキのエアが環境に優しい理由

ナイキとフランク・ルーディがエアに関しての協力をし始めた当初、エアを膨らませるための材料として、2つの気体:ヘキサフルオロエタン(...

ナイキ ACG リアクト テラ ゴービーが新登場

ナイキ ACG(All Conditions Gear)の存在は、週末を野山で過ごしたり、モーニングコーヒーを兼ねてランニングに出...

ジョーダン ブランド Summer 2019 Preview

エア ジョーダン 14 White/Red エア ジョーダン 14の発売20年を記念して、クラシックな色がOGそのままの形で...

ナイキ ポロにおける、新しい点と変わらない点

元々は馬に乗ってマレットを振るうスポーツの際に着用されていたポロシャツは、20世紀の初頭ごろに発明されました。そして、よりスポーツ...

テニス界のスーパースター 大坂なおみ選手がナイキと契約

グランドスラムで2勝を果たし、現在世界ランキング 1位の大坂なおみ選手が、ナイキのエリートプロアスリートに名を連ねることとなります...

ミッシング・リンク x ナイキ エア マックス スーザン発売

今回、ナイキとアニメーションスタジオ LAIKAの最新コラボレーションのインスピレーションとなったのは、同スタジオの新作映画「ミッ...

4つのコラボレーターとのナイキ エア マックス

エアの歴史は、ナイキ社内の活発なコラボレーションに支えられていますが、その勢いは世界中のさまざまな才能を持つ人とのアイディア交換に...

日本初となるNike SB スケートパーク「Nike SB dojo」4月6日(土) 東京・天王洲アイルにオープン

2020年に日本での開催を迎える国際大会で初めて正式競技に採用されたスケートボードがより一層の盛り上がりを見せる中、ナイキジャパン...

ローズマリー・セントクレアが語る女性スポーツの未来について

ナイキ VPでNIKE WOMEN GMでもあるローズマリー・セントクレアは、過去20年におけるスポーツ界での女性の状況と、勇気や...

ジョーダン ブランドがスケートボードカルチャーの歴史の一部であるエア ジョーダン 1を祝福

1985年に発売されたエア ジョーダン 1はシグネチャーシューズに関するすべての常識に疑問を投げかけるものでした。カラー(ルールに...

ナイキ マーキュリアル 360 スーパーフライ LVL UP

20年以上もの間、ナイキフットボールのアイコンであるマーキュリアルは、これまで爆発的なスピードを色やデザインで表現してきました。今...

ナイキ トータル 90 レーザー SE

ナイキフットボールのクラシックシリーズの歴史を祝い、ナイキ トータル 90 レーザーが限定特別版として戻ってきます。 ナ...

2019 ナイキ フリー ランニング コレクション

ナイキ フリーは足を自由に屈曲し、広げ、動くことを可能にします。従来のランニングモデルよりもより足の構造に近い足型(ラスト)を使っ...