ナイキ、駅伝シーズンに向け
ランナーをサポートする「EKIDEN PACK」コレクションを発売
2022. 11. 24

ナイキは、2022-2023年の駅伝シーズンに向け、シューズとアパレルからなる「EKIDEN PACK」コレクションを、2022年12月1日よりナイキのメンバー限定で発売します。このコレクションは、レース当日に着用するナイキ史上最速のレーシングフットウェアや、日々のトレーニングで活躍するフットウェア、及びアパレルなどで構成されています。

今年で創業50年を迎えるナイキは、ランニングに深いルーツを持ち、陸上部のコーチとアスリートによって創設されました。今日でも、ランニングはナイキの根源であり、駅伝シーズンは、アスリートが人間のパフォーマンスの限界を超え、ランニングが世界を前進させる力を持っていることを示してくれる、日本で最も刺激的なスポーツのシーズンのひとつです。創業当時から変わらず、ナイキは、常にアスリート*の声に耳を傾け、ランナーのパフォーマンス向上を目指して製品開発をしていますが、日本の駅伝ランナーも例外ではありません。

今回の「EKIDEN PACK」コレクションは、2003年に発売された「ナイキ メイフライ」と、日本古来の勝利の象徴でトンボを意味する「あきつ」がインスピレーションになっています。「ナイキ メイフライ」のメイフライは「カゲロウ」を意味し、超軽量のレーシングモデルとして、当時の最新のナイキのイノベーションを体現したモデルです。今回のコレクションは、この「ナイキ メイフライ」のDNAを引き継ぎ、現在の最新のイノベーションでランナーをサポートします。また、トンボは昔「あきつ」と呼ばれ、古来より勝利を意味する縁起の良い「勝虫」として、武将たちから好まれ、武具などにも施されたとも言われています。トンボやトンボの羽などからインスピレーションを受けたグラフィックのほかにも、駅伝ランナー、駅伝の舞台である道路、等高線のグラフィックで表現された山などからインスピレーションを受けたデザインが各所にほどこされています。アイコニックなグリーンのカラーを基調にデザインされたシューズのコレクションは、スウッシュ部分にトンボの羽のグラフィックがデザインされ、リフレクティブ素材を採用しているため、光の加減で玉虫色のような輝きをもたらします。

フットウェアは、レース本番用から日々のトレーニング用まで活躍してくれる幅広いモデルで構成されています。これまでのランニングの常識を大きく変え、様々な記録を打ち立ててきた「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」と「ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト% 2」は、ナイキの最新のイノベーションが詰まったレース本番で着用されるモデルです。速さと耐久性に優れトレーニングなどで着用する「ナイキ ズームフライ 5」、様々なレベルのランナーに対応し、日々の練習にも適した「ナイキ エア ズーム ペガサス 39」、そして、柔らかいフォームとズーム エア ユニットを搭載し、反発性にも優れ、トレーニングやレースに最適な「ナイキ エア ズーム ライバル フライ 3」などの、幅広いランナーのニーズに寄り添ったシューズが含まれています。

今回のアパレルには、ジャケット、Tシャツ、パンツ、ショートパンツなどが含まれます。これらのアパレルもシューズと同じモチーフとカラーでデザインされ、トータルでコーディネートすることができます。また、ナイキがサポートする男子の大学駅伝チームの選手がレース本番で着用するシングレット(未発売)にもこうしたグラフィックが採用されています。

また、今回の「駅伝パックコレクション」のクリエイティブには、東洋大学陸上競技部の石田洸介選手、東海大学陸上競技部の石原翔太郎選手、明治大学体育会競走部の小澤大輝選手、名城大学女子駅伝部の小林成美選手と、駒澤大学陸上競技部の山野力選手、中央大学陸上競技部の吉居大和選手、(選手名 五十音順)が登場しています。各選手のコメントは下記の通りです。引き続き、駅伝シーズンの選手の走りに注目してください。

東洋大学陸上競技部の石田洸介選手は、次のように話しています。
「勝利を象徴するトンボが使われ、勝つことにこだわったデザインなので、自分たちが実際にレースで勝利を目指すためのイメージがつきやすくなりました。色も新鮮な印象で気に入っています。練習によってシューズを履き分けて使っていますが、ジョグにはペガサス、距離走にはペガサスターボ、ポイント練習やハードな練習の際はヴェイパーフライやアルファフライを使用しています。駅伝パックで東洋の1秒を削る走りを見せたいです。」

東海大学陸上競技部の石原翔太郎選手は、次のように話しています。
「今回のコレクションは、緑と黒で、勝利の象徴であるトンボをデザインしているということで、勝利を意識しやすくなるシューズで走れるのは嬉しいです。新しいカラーの駅伝パックを履くと、試合だけじゃなくて練習の時にもワクワクして楽しくなります。普段の練習では、ジョグはペガサス、スピード練習とポイント練習はヴェイパーフライを履いています。チームに貢献できるように頑張って走りたいと思います。」

明治大学体育会競走部の小澤大輝選手は、次のように話しています。
「今回の駅伝パックは、とてもきれいな緑の色で、履くのが楽しみになるような靴だと思いました。優勝を狙えるチームではないかもしれませんが、走るからにはひとつでも勝ちたいという強い気持ちがあるので、勝利の象徴であるトンボをデザインしたシューズと一緒に走れるのはとても心強いですし、自分たちランナーにとって、こういうデザインは嬉しいです。普段履いているシューズは、足の負担を考えてインヴィンシブルを愛用しています。足に優しいので長い距離に耐えられるような足作りができました。明治のユニフォームを着て走るのが最後のシーズンなので、後悔がないように1秒1秒削りながら全力で走りたいです。」

名城大学女子駅伝部の小林成美選手は、次のように話しています。
「今回の駅伝パックは、とても鮮やかな緑色で、見ている人も履いている人もモチベーションが上がるので好きです。トンボのデザインに勝利の意味が込められたデザインで、勝利を求めているランナーにとっては大事な意味を持つので嬉しいです。普段は、ジョグの際は主にリアクト インフィニティで、レースはアルファフライかヴェイパーフライを着用しています。ジョグの練習で、あまり跳ねない靴を履いて練習することで、レースの時にアルファフライやヴェイパーフライの良さを最大限に引き出せるようにしています。残りのシーズンも引き続き連覇を目指して頑張ります。」

駒澤大学陸上競技部の山野力選手は、次のように話しています。
「今回の駅伝パックは、すごくカラフルでレースでも目立ってくれると思います。常に優勝を狙っているチームなので、勝利の象徴をデザインしたシューズは、自分たちに相応しいと思います。普段の練習では、ジョグはリアクトとボメロを気分によって使い分けていて、朝練と午後練にどちらか違うシューズを使っています。距離走はペガサスターボ、試合ではヴェイパーフライ 2を使っています。油断せずに走りに集中して駅伝シーズンを最後まで走り切りたいと思います。」

中央大学陸上競技部の吉居大和選手は、次のように話しています。
「今回の駅伝パックは、とてもきれいな緑色で、自分自身も気に入っている好きな色です。走っている時も足元のシューズが目に入って、自然と気持ちが高まります。普段の練習では、ジョグはペガサス、駅伝シーズンの距離がのびるポイント練習はヴェイパーフライ、レース本番ではアルファフライを使う予定です。前回のレースでは賞を取ったり嬉しい走りができましたが、今回は昨年以上の結果を目指して頑張りたいです。」

「EKIDEN PACK」コレクションは、12月1日からナイキメンバー先行で、NIKEアプリ、NIKE.COM、NIKE直営店で発売し、その後12月8日からその他の販売店などで順次発売予定です。

画像データは下記よりダウンロードをお願いいたします。
https://nike.jp/nikebiz/news/2022/nike20221124.zip

SEE MORE NIKE NEWS (プレスリリース)

ジャ・モラントのダイナミックなゲームのために作られた「ナイキ ジャ 1」

ナイキ ジャ 1 ¥13,200(税込) ナイキ ジャ 1は、ナイキ バスケットボール初のZ世代のシグネチャー...

ナイキ インヴィンシブル 3 1月26日からナイキメンバー先行発売

2021年に登場した「ナイキ ズームX インヴィンシブル」が1月26日に新しくなって登場します。ナイキはこれまでも、ナイキ ズーム...

ナイキ、鹿島アントラーズの2023年新ユニフォームを発表

スタジアム メンズ ナイキ Dri-FIT サッカーユニフォーム:14,300円(税込)*写真はマッチ マッチ メンズ ナイキ ...

ナイキ、サンフレッチェ広島の2023年新ユニフォームを発表

スタジアム メンズ ナイキ Dri-FIT サッカーユニフォーム:14,300円(税込)*写真はマッチ マッチ メンズ ナイキ ...

ナイキ、浦和レッズの2023年新ユニフォームを発表

スタジアム メンズ ナイキ Dri-FIT サッカーユニフォーム:14,300円(税込)*写真はマッチ マッチ メンズ ナイキ ...

コンセプトストア Nike Liveの関西1号店となるNike By Kobeが、2022年12月15日オープン

ナイキは、関西で1号店、国内で3号店目となるNike Live コンセプトストア「Nike By Kobe」を12月15日にオープ...

グリップ ニット テクノロジーを採用してさらに精度の高いプレーを実現するナイキ ファントム GX

ナイキ ファントム GX エリート DF FG(ハイカットモデル) ¥31,900(税込) ナイキ ファントム GX ...

ナイキ、駅伝シーズンに向けランナーをサポートする「EKIDEN PACK」コレクションを発売

ナイキは、2022-2023年の駅伝シーズンに向け、シューズとアパレルからなる「EKIDEN PACK」コレクションを、2022年...

読売巨人軍とナイキが新たなパートナーシップを発表2023シーズンより、ナイキが読売ジャイアンツにユニフォームとアパレル、フットウェアなどを供給

多世代のジャイアンツ・ファン並びに中央ユニフォーム着用選手:左から島野愛友利選手(ジャイアンツ女子チーム)、岡本和真選手 2...

NIKE FC Presents FOOTBALLVERSEナイキの最新フットボールキャンペーン「Footballverse」は、過去と現在のナイキトッププレイヤーたちがひとつのピッチで競い合う世界を想像

ナイキでは、全ての世代のアスリートがスポーツの歴史に名を残し、そのスポーツの世界を広げただけではなく、未来の世代のアスリートたちが...

ナイキフットボールジェネレーション パック カラーが登場

ナイキフットボールのスパイクは、現代のゲームスタイルに合わせてデザインされています。マーキュリアル、ファントム、ティエンポの各モデ...

Nike x UNDERCOVER エア フォース 1 ローがトレイル向けスタイルを新提案

Nike x UNDERCOVER エア フォース 1 ロー ¥18,700(税込) アンダーカバーの高橋盾氏が、...

ナイキフットボール2022年 ナショナル チーム コレクション

新しく大胆にデザインされた2022年のナイキフットボール ナショナル チーム コレクションは、独自のスポーツ科学の知識とデジタルデ...

ナイキが新たなアパレル生産の循環性を念頭に置いたイノベーション・プラットフォーム「Nike Forward」を開発

ナイキ フォワード ウィメンズ クルー ¥15,400(税込) ナイキ フォワード メンズ クルー ¥15,...

ナイキ x トム・サックスナイキクラフト ジェネラル・パーパス・シューにアーカイブ カラーが登場

ナイキクラフト ジェネラル・パーパス・シュー(GPS) アーカイブ カラー ¥12,100(税込) ナイキクラ...

アスリートとスポーツの未来のためにナイキのイノベーションを推進させたNike x sacai ズーム コルテッツ

Nike x sacai ズーム コルテッツ ¥22,000(税込) sacaiのデザイナーである阿部千登勢氏が、...

NIKE x AMBUSH® エア アジャスト フォース8月19日より発売開始

NIKE x AMBUSH® エア アジャスト フォース ¥24,200(税込) AMBUSH®創立者の一人でクリ...

スポーツの未来に貢献するためのイノベーションナイキ ペガサス ターボ ネクスト ネイチャー8月3日よりメンバー限定で先行発売

ナイキ ペガサス ターボ ネクスト ネイチャー ¥17,600(税込) ナイキは、地球の未来を考えたパフォーマンス...

ジョーダン ブランドが日本バスケットボール協会のユニフォームサプライヤーに決定。

ジョーダン ブランドが、日本バスケットボール協会の男子、女子、3x3、ユースを含む日本代表チームの公式ユニフォームサプライヤーとな...

ナイキが(M) コレクションを8/9から展開母性とスポーツのつながりを深める

ナイキ ドライフィット (M) プルオーバー ¥10,230(税込) ナイキ ドライフィット ワン (M) レギンス...

ルカ・ドンチッチから着想を得てジョーダン ブランドの新しいイノベーションを形にしたルカ 1

ルカ 1は、ルカ・ドンチッチの全方位的なプレーのためにデザインされました。ガードを務めるルカ・ドンチッチの初めてのシグネチャーシュ...

ナイキとジャックムスの「ランウェイとスポーツ」をつなげる新しいスタイル8月5日より発売開始

サイモン・ポート・ジャックムスは、スポーツとスタイルはつながっていると考えています。彼自身の名前を冠したブランドであるJACQUE...

新しいナイキ エア ズーム マーキュリアル、フットボーラーのために特別にデザインされたズームエアを搭載

ナイキ エア ズーム マーキュリアル スーパーフライ ¥31,900(税込) 世界的大会が行われる重要な年にデ...

最新のイノベーションを搭載した長距離/短距離向けのスパイク「ナイキ エア ズーム ヴィクトリー モア アップテンポ フライニット」と「ナイキ エア ズーム マックスフライ モア アップテンポ」を6月17日より発売

ナイキは、スパイク分野においても何十年にわたるイノベーションの歴史を誇りますが、今回新たに長距離と短距離のスパイク2モデルを発売し...

新しくなった「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」

「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」 ¥31,900(税込) ナイキ エア ズーム アルフ...

ナイキクラフトの「特別な人々のための日常靴」

ナイキクラフト ジェネラル・パーパス・シュー(GPS)は、あらゆる場面に対応できるように作られた、控えめで良質なデザインの万能シュ...

コミュニティのしなやかさを称えるナイキ Be True サマー 2022 コレクション

ナイキ Be True サマー 2022 コレクションは、フィールドの内外で次世代のためにスポーツの枠を広げ、ありのままの自分でい...

ナイキが多様なパートナーと開発した運動遊びプログラム「JUMP-JAM」が学校へ拡大先生や支援員向け無料サービス「JUMP-JAM at School」が2022年6月より首都圏エリアで募集を開始

ナイキジャパングループ合同会社(本社:東京都港区、ゼネラル・マネージャー:小林哲二、以下ナイキ)が、2017年から東京都内の児童館...

ナイキと公益社団法人日本ダンススポーツ連盟がパートナーシップを締結ブレイキン日本代表チームをサポートし日本のダンスを盛り上げる

この度、ナイキジャパンは、公益社団法人日本ダンススポーツ連盟(Japan DanceSport Federation; 略称JDS...

“Seen It All” ナイキ50周年を記念し、これからの50年を大胆に展望する

ナイキは創立50周年に合わせ、最新のグローバルブランドアンセム「Seen It All(すべてを見てきた)」を発表し、これまでの鮮...

ナイキとジャックムスの「ランウェイとスポーツ」をつなげる新しいスタイル

サイモン・ポート・ジャックムスは、スポーツとスタイルはつながっていると考えています。彼自身の名前を冠したブランドであるJACQUE...

コンセプトストアNIKE Liveの国内で2号店となるNIKE BY YOKOHAMAが、2022年4月28日オープン

ナイキは、国内で2号店目となるNike Liveコンセプトストア「NIKE BY YOKOHAMA」を4月28日にオープンします。...

ナイキ ISPAが作り出す分解できるフットウェアとデザインの未来

ナイキ ISPA Link ¥27,500(税込) ナイキ ISPAから新たに、着用し、その機能を活用した後に、分...

循環性がナイキのサステナブルなイノベーションを進める

ナイキは、そのサービスの対象であるアスリート*と同様、常に進歩を求めています。この気候危機の時代において、進歩とは環境負荷を抑え、...

スタイル、機能性とサステナブル素材を融合させたナイキのシーズナル コレクション

ナイキは地球とスポーツの未来を守る取り組みを続けています。2025年達成を目標にしたサステナビリティに関する大きなゴールに向かうべ...

スポーツを通して日本の若い世代のウェルビーイングを目指すナイキの新たなプログラム「NIKE塾」

堀米雄斗選手、RIEHATAさん、新しい学校のリーダーズ、ゆりやんレトリィバァさんをコーチに起用 ナイキは、変化の多...

39年の歴史が裏付ける信頼ナイキ エア ズーム ペガサス 39

ナイキ エア ズーム ペガサス 39 ¥14,300(税込) ナイキ エア ズーム ペガサス 39 フライイーズ &...

リサイクル原料を活用し新しく生まれ変わったビリー・アイリッシュのナイキ エア フォース 1

ナイキ エア フォース 1 ビリー ¥20,900(税込) ビリー・アイリッシュの自己表現へのユニークなアプローチ...

ナイキが取り組む、従業員、コミュニティ、地球のための目標

ジョン・ドナホー(President & CEO, NIKE, Inc.)が語るナイキの50年にわたるパーパス共有の力 20...

アスリートと地球のためのマーキュリアル ヴェイパー ネクスト ネイチャー

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー ネクスト ネイチャー ¥36,300(税込) ナイキ マーキュリアル ヴェイパ...