ナイキ x トム・サックス ポンチョが登場
2019. 04. 24

ナイキとトム・サックスのコラボレーションによるポンチョは、良いソリューションを作り上げる為には時間がかかることを再認識させてくれます。シンプルなプロダクトからは想像できないくらいに形状を変化させるこのアパレルは、4年間に渡る無数のテストと改善を繰り返しようやく完成しました。

変形するアパレルを考えるデザインチャレンジの結果、2015年にこのポンチョが考案され、ナイキのスペシャル アパレル プロジェクトに関わるシニア デザイン ディレクターであるジャレット・レイノルズなどのデザイナーたちが製品化に取り組みました。レイノルズは、収納されている状態から素早く着ることができ、使用後は簡単かつスリムに収まるアイデアに魅了され、次のように話しています。「最初の試作品には、完全に切り離せるジッパーを採用しました。素早くポンチョを着るために一瞬で力強く大きく開けるようになりましたが、ジッパーの配置にとても苦戦しました。」

サックスのひらめきをもとに製作された試作品コレクション

非常に細かいディテールに富んだプロトタイプにも関わらず、その後2年間で最初の試作品をもとに8から9個のコンセプトが生まれました。それぞれのコンセプトに実用性はありましたが、ポンチョとして完璧ではありませんでした。そこで、レイノルズはナイキとコラボレーションをしていたトム・サックスにポンチョのビデオを見せました。

レイノルズは次のように話しています。「トム・サックスが“これは何とかしないといけない”と言ってくれました。トムとそのチームは問題解決に優れ、我々とは違う視点で物事を見ることができます。まさに違う視点が必要だったのでとても嬉しかったです。」その後、このプロジェクトはアーティストとのコラボレーションであり独創的なものへと発展していきました。

下記のインタビューの中で、サックスはこのポンチョが手探りの試みからナイキクラフト プロジェクトへと発展した経緯を語っています。

ナイキニュース:ナイキクラフトはナイキとトム・サックスのコラボプロジェクトですが、このプロダクツはどのように製作されたのですか?

トム・サックス:まずナイキクラフトは単なるブランドではなく、透明性とものづくりの根拠に基づいてプロダクトを作るという理念でアプローチされていることをみなさんにご理解いただきたいと思います。
ジャレットからポンチョのアイデアと問題点を教えてもらったとき、ジャレットは複雑すぎると言っていました。そこで私は「大丈夫。動画を作ってみます」と伝えました。動画制作を通して、ポンチョを閉じる仕組みや収納する方法をシンプルにしていきました。また、ドラッグレース(約402mの直線走行を競うモータースポーツ)から着想を得たパラシュートが開く構造や、ウエストバッグなどのアイデアを取り入れていきました。

ナイキニュース:切り離せるジッパーや大まかな構造をジャレットから見せられたように、誰かが新しいものを見せてくれたとき、あなたはまず何を考えますか?どういった経緯でドラッグレースにたどり着いたのですか?

トム・サックス:最初の試作品を見たとき、マジックのトリックを連想しました。その後、偶然ドラッグスター(ドラッグレース専用車両)のパラシュートが開く構造とパラシュートを折りたたむところを見て、我々が抱えているポンチョを開く複雑な構造についての問題が他の業界では解消されていることを知りました。高速から低速へスピードの変化を可能にするこのメカニズムは、ポンチョにも応用できると考えたのです。また、変化という点では、春は生活が大きく変化する季節なので、統計的にも携帯電話や鍵、財布をなくす人が増える大変な時期でもあり、突然の雨に降られても傘を持っていない場合が多いことから、こういう問題を全てまとめて解決することはできないかと考えました。私たちはスタジオで多くの問題を抱えているとき、さらに問題を追加することで解決方法を見出せるということを学びました。

ナイキニュース:全てのプロダクツには、サックス スタジオで製作したセラミックのマーキングが施されています。多様な製造プロセスの一部として、ご自身のスタジオをどのように捉えていますか?

トム・サックス:ナイキと協力することで、スタジオ単独では絶対に製作できない規模で商品を作ることができる点に最大の魅力を感じています。こうしたセラミック ビーズは簡単に作ることが出来るので、自社で何千個も作れたら面白いのではないかと考えたのです。ビーズ製造工場を建て、手作業で成型・穴あけをして、スウッシュとトム・サックスのロゴをあしらったビーズを16,000個作りました。ビーズには作業員の指紋も残っています。

ナイキニュース:コレクションの製作過程には多くの人が関わっていますが、ポンチョに関しては特にベトナムを強調しています。ナイキクラフトのコラボレーションにおいて、工場との関係の重要性について教えてください。

トム・サックス:今回協力したベトナムの工場は、これまで協力してきた工場の中でも特に優れていると感じました。単純に言われたことだけをやるのではないという、まさに真のコラボレーションに必要な要素を持っていたのです。一緒にプロダクトを作ってきたので、透明性という観点からも、ものづくりに携わる人について伝えることも重要だと考えています。様々な要素を取り入れてナイキクラフトの商品を仕上げるためには健全な関係性が必要ですし、機能を支える情報を共有することも含めて、透明性がとても大切です。まずその考え方をナイキクラフトで徹底しています。そしてポンチョの機能は現在特許申請中です。

ナイキ x トム・サックス ポンチョ
¥54,000(税込)

ナイキクラフト コレクションを代表するポンチョは、トリニティケースに採用されたダイニーマ素材(マーズ ヤード オーバーシューにも採用された超強力繊維)からサックス スタジオで製作されたセラミック ビーズまで様々な素材を使用しています。フィドロック バックルでウエストバンドの利便性を高め、ポンチョ自体は最小サイズで最大限の範囲をカバーする防水性と通気性に優れた3層構造の生地を採用しています。ポンチョの背面には生産地であるベトナムの名が力強く堂々とプリントされています。
サックスは次のように話しています。「このコレクションには、素材とものづくりの透明性に対する我々の考え方がうまく反映され、作品に携われたことを誇りに思っています。私がスタジオで作る他の作品と同じ価値観、品格があります。」

このコレクションは飾っておくこともできますが、サックスはこのコレクションを単純に使うだけでなく、私たちが何を考えて何をしたか、そして何よりもその過程について深く知ってもらうきっかけになればと強く願っています。

ナイキ x トム・サックス ポンチョについての詳細はこちらのムービーよりご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=ioZX_pJz-Cc

ナイキ x トム・サックス ポンチョは、東京オペラシティ アートギャラリーで開催されるサックスの「ティーセレモニー」に合わせて、4月27日から、NIKELAB MA5、DSM GINZAで発売予定です。

SEE MORE NIKE NEWS (プレスリリース)

ナイキ スペース ヒッピーが発売

(左上)ナイキ スペース ヒッピー 01 ¥15,400(税込) (右上)ナイキ スペース ヒッピー 02 ¥1...

最新のナイキ エア フォース 1 PRMとナイキ エア マックス 90 PRMが登場

ナイキ エア フォース 1 PRM ¥15,400(税込) ナイキ エア マックス 90 PRM...

記録を破るイノベーションを毎日の履き心地に生かす

ナイキ エア ズーム タイプ ¥18,150(税込) 新しいナイキ エア ズーム タイプの特徴は、意外性のある形状...

“Never Too Far Down”フィルムでレブロン・ジェームズがナレーションを担当

最大の困難に直面しても、スポーツの精神の中には希望との結びつきがあります。 世界中でプロスポーツが徐々に再開しようとする中、...

ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト%メンバー限定で6/2より再販開始

ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 価格 ¥30,000 + 税 ナイキは、先日3月1日(日)に発売...

ナイキ x トラヴィス・スコット エア マックス 270 カクタス トレイルズ 登場

ナイキ x トラヴィス・スコット ナイキ エア マックス 270 カクタス トレイルズ ¥20,350(税込) 「...

ナイキ エア デシューツが2020年にカムバック

ナイキ ACG エア デシューツ ¥8,800(税込) 1992年にナイキ エア デシューツが登場した時、形が似て...

ナイキ エア マックス 2090に新色が登場

ナイキ エア マックス 2090 ¥15,400(税込) 「マグマ オレンジ」 ※メンズサイズのみの展開 ...

ナイキ ACG SUMMER 2020 アパレル コレクション

ウィメンズ NRG ACG ボディスーツ ¥8,800(税込) ウィメンズ NRG ACG タイツ ¥9,9...

ナイキ、ブルー リボン スポーツ トラッククラブ コレクションを発売

ブルー リボン スポーツ トラッククラブ コレクションは、1964年のナイキの前身であるオリジナルの名前からヒントを得たものです。...

Nike.comでサステナブルなデザインが一目でわかるプログラムが開始

現代的な環境運動の発端となったと長く評価されているアースデイですが、ナイキにとっては1年に一度の記念日以上の意味を持ちます。アース...

ナイキ リビングルーム カップディナ・アッシャー=スミス

ナイキは、試合や勝負をすることが好きなアスリートのために、ナイキ リビングルーム カップと呼ばれるデジタル フィットネス チャレン...

自分好みにデザインできるウィメンズ ナイキ エア フォース 1 LXとウィメンズ ナイキ エア マックス 98 LX

ウィメンズ ナイキ エア フォース 1 LX ¥13,200(税込) ウィメンズ ナイキ エア マックス ...

ナイキ、様々な競技のためのトラック スパイクを4月29日に発売

この分野におけるイノベーションの歴史は何十年にも渡りますが、ナイキのフットウェア デザイン チームは、先入観をなくしスパイクのデザ...

90年代のクラシックなランニング シューズから着想を得た最新のナイキ エア マックス ヴェローナが登場

ナイキ エア マックス ヴェローナ ¥13,200(税込) 2020年初頭にデビューした女性向けモデルのナイキ エ...

ウォッシュド感と鮮烈な差し色が特徴のヴァイブラント パックが登場

ナイキ エア マックス 200 ¥14,300(税込) ナイキ エア マックス 270 リアクト &...

ラッセル ウェストブルックにとって2つのシルエット、2つのカラーウェイ、1つの特別な意味

ラッセル・ウェストブルックのジョーダン ウェストブルック ワン テイクと、Why Not? Zer0.3の2つのシグネチャーシュー...

ジョン・ベノイト・サミュエルソンが語るナイキ ペガサスのレガシー

ナイキ エア ズーム ペガサス 37 ¥14,300(税込) 「あらゆるランナーのためのシューズ」として1983年に...

室内で世界のためにスポーツを続けるアスリートのためのナイキからのサポート

ナイキにとって、新型コロナウイルス感染が広がるなかで人々の生活の変化をサポートすることは、勇猛果敢なアスリートの精神が直面する新し...

夏に向けてナイキ ウィンドランナーをリフレッシュ

(上)ナイキ スポーツウェア ヘリテージ ウィンドランナー ジャケット ¥12,100(税込) (下)ナイキ スポーツウ...

モータースポーツから生まれたジョーダン ブランド最新のウィメンズ サマー カプセル コレクション

(左上モデルから)ウィメンズ ジョーダン MOTO クロップ トップ ¥5,500 (税込)、ウィメンズ ジョーダン MO...

ナイキの夏向けスタンドアウト ウィメンズ サンダル

ナイキ エア マックス ココ ¥11,000(税込) マックス エア ユニットのチャンキーな印象をサンダルに応用し...

ナイキが最新のヨガ コレクションに新素材インフィナロンを導入

制約のない動き ー これがナイキ ヨガの新しいコレクションの身上です。 ヨガマット上での動きに限らない快適性を提供するために...

ジョーダン ブランドがジョーダン 5をはじめとしたコレクションで2020 SUMMER シーズンをセレブレート

ジョーダン ブランド Summer 2020 コレクションは、ジャンプマンの伝統と現代的スタイルを織り交ぜながら、ジョーダンの伝統...

ネイマール Jr. マーキュリアル ヴェイパー Jogo Prismático

ネイマールは常に新しいプレーを生み続け、ギラギラとしたスポットライトを虹色の光に変えてはね返すように、華やかな動きを見せつけてくれ...

前足部のズーム エアを二重にしたナイキ ズーム KD13

ケビン・デュラントが見せてくれる現代的なパフォーマンスに合わせて、新しいナイキ ズーム KD13は、フルレングスのエアズーム製スト...

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%新色を4月7日からNIKE アプリで先行発売開始

世界中で活躍するナイキのランナーたちの貴重なフィードバックを生かし、マラソン界を席巻しているナイキ ズームエックス ヴェイパーフラ...

ハイエンドな技巧とハイテクな構造を融合させたジョーダン デルタ

ジョーダン デルタ ¥15,400円(税込) ジョーダン デルタはハイエンドなクラフトマンシップを生かすジョーダン...

最新のナイキ ティエンポがティエンポ レジェンド 4のカラーで登場

ナイキ ティエンポ フューチャー DNAは、クラシックなナイキフットボールのデザインとプレーヤーたちに向けた最新イノベーションを搭...

エア マックス ファミリーにナイキ アダプトが登場

ナイキ アダプト オート マックス ¥38,500(税込) ナイキ スポーツウェアが、エア マックスに先進的なパワ...

「ナイキ ワイルドホース 6」と「ナイキ エア ズーム テラ カイガー 6」を4月9日に発売

ナイキは、トレイル ランニング シューズの「ナイキ ワイルドホース 6」と「ナイキ エア ズーム テラ カイガー 6」を4月9日に...

トータル 90を感じさせる最新のナイキ ファントム ヴェノム

ナイキ ファントム ヴェノム フューチャー DNAは、クラシックなナイキフットボールのデザインとプレーヤーたちに向けた最新イノベー...

2009年発売のクラシックなスパイクデザインを蘇らせるマーキュリアル ヴェイパー

ナイキ ヴェイパー 13 エリート FG ¥27,500(税込) ナイキ マーキュリアル ヴェイパー フューチャ...

エア マックス デー 2020に向けてナイキが3つの新しいパックを展開

1987年、ナイキは現代で広く知られるエアテクノロジーを、シューズの両側のウインドーから露出させた最初のスニーカーとなるナイキ エ...

ナイキで最も高さのあるエアユニットをさらに高くしたナイキ ISPA エア マックス 720

ISPAはナイキが誇るイノベーションを活用し、都市生活での課題を解決するという理念のもとにデザインされています。人工的な環境が多様...

ナイキ ISPA インフレート ジャケットが登場

ISPAの“I”はimprovise(即興)、つまりデザインに即興的なアイデアを求めることです。またISPAのコンセプトには、「最...

レトロな未来をデザインしたUNDEFEATED ナイキ エア マックス 90の登場

UNDEFEATED ナイキ エア マックス 90 ¥16,500(税込) UNDEFEATEDのナイキ エア マ...

NIKELAB GYAKUSOU コレクションを3/12より発売ナイキのクラシックグラフィックと最新のイノベーション

ナイキとUNDERCOVER創立者である高橋盾氏が手掛けるNIKELAB GYAKUSOU コレクションは、ランナーの様々な悩みを...

ファントム ビジョン 2がクラシックなハイパーヴェノムのカラーで登場

ナイキ ファントム ビジョン 2 エリート ダイナミック フィット FG ¥30,250(税込) ナイキ ファント...

パリ・サンジェルマンとジョーダン ブランドが初めてのウィメンズ カプセル コレクションを発表

パリ・サンジェルマン女子チームのメンバー:左から グレース・ゲヨロ選手、ナディア・ナディム選手(座り)、サラ・ダブリッツ選手、マ...