ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%
2019. 04. 25

マラソン界を席巻しているナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%は、世界で活躍するナイキのランナーたちの貴重なフィードバックを生かして刷新され、ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%と名前も新たになりました。

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%は、ボストンマラソンのレース中に雨でシューズが重くなったとコメントをした、シャレーン・フラナガンなどアスリートからのフィードバックを受け、新しくなったアッパーが目を引きます。また、ミッドソールは、多くのナイキのエリートランナーのフィードバックを元に、NSRL(NIKE SPORT RESEARCH LAB/ナイキ スポーツ リサーチ ラボ)で改良されました。さらに、ベルリンマラソンでひどい雨の中を走ったエリウド・キプチョゲからのリクエストに応え、トラクションパターンのデザインも一新されました。

ナイキ ランニング フットウェア担当ヴァイス・プレジデントのブレット・ホルツは次のように述べています。「このシューズは、本当の意味でアスリート、スポーツ科学者、エンジニアとデザイナーがデザインからテスティング、生産とすべての過程において密接に協力した成果です。ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%が、世界中のマラソンコースで、これからも人間のパフォーマンスの限界に挑戦し続けることを楽しみにしています。」

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%
¥29,700(税込)

エリートアスリートがネクスト%を心待ちにする4つの理由
  1. 「プレートがフォアフットを促し、より速く走れる」モー・ファラー
  2. 「特にシューレースのあたりのフィット感が良くなった」大迫 傑
  3. 「前足部分のフォームが厚くなったので、ストライドの最後の瞬間のエネルギーリターンがより大きくなったように感じる。試しに履いた時に、今までのトレーニングランで最も速く走れた。」ロザ・デレジェ
  4. 「限界を感じずに、走るための自由と自信を感じるためにはトラクションがとても大切」ジョフリー・キルイ
Why NEXT%?

ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%の発売時、それまでナイキで最も速いシューズとされていたナイキ ズーム ストリーク 6よりも、ランニング効率が平均4%高くなることがわかりました。(NSRL調べ)ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%へのアップグレードは、新たなレースを走るたびにフィニッシュラインまでより速く走れることへの期待をもたらします。モー・ファラーも最近、「アスリートとして、常にネクスト%先を望んでいます。」と述べています。

上記の改良により、ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%はナイキ史上最速のシューズとなります。その理由を以下にも説明しています。

新たに改良された点

  • アッパーに今回初めて使われたヴェイパーウィーブは、ナイキ フライニットよりも軽量で通気性に優れた構造の素材です。さらに重要なことに、汗や雨などの水分の吸収をとても抑えることができ、マラソンを走っている間も通気性良く乾いた状態を維持します。
  • 足の繊細な部分への圧迫を防ぐため、シューレースは少し中心からずらした位置に配置し、モー・ファラーが強く希望したデザインになっています。
  • かかと内側に小さなフォームを配置して、長い距離を走ってもアキレス腱を快適な状態に保ちます。
  • ミッドソールに使用するナイキ ズーム X(ズームエックス) フォームを増量し、エネルギーリターンをさらに高めていることがNSRLによって科学的にも証明されています。
  • フォームの配置を見直し、オフセット(前足部とかかとのソールの厚みの差)を11mmから8mmに抑え、より安定感を高めつつ、つま先を蹴り出す重要な瞬間のエネルギーリターンを最大化しています。
  • デザイナーたちはジョフリー・キルイ、エリウド・キプチョゲ、モー・ファラーに用いていた特注のトラクションパターンを融合させて、前足のグリップ性を改善し、湿路でのシューズの性能を高めています。
  • アウトソールの曲線的なパターンや深い溝が、スムーズなターンを促します。
4%と変わらない点
  • 推進力を感じさせるソールの硬さの元となるフルレングスの曲線的なカーボンファイバープレートが、今回もフォームの中に組み込まれています。
  • シューズの重量は同じですが、フォームは15%増量されています。

4月28日にはエリート選手がナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%で42.195kmを駆け抜ける姿を楽しみにしてください。ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%は7月にNIKE.COMなどで発売開始する予定です。

SEE MORE NIKE NEWS (プレスリリース)

NIKE x UNDERCOVER SU19 コレクション

UNDERCOVER創立者である高橋盾氏とナイキは、10年間近くに渡りランニングにフォーカスしたGYAKUSOU コレクションを手...

「スタンフォード・ブリッジ」を祝福するチェルシーのホームキット

ブルーズという愛称でも親しまれるチェルシーは、1905年以降スタンフォード・ブリッジ(スタジアム)をホームとしてきました。2019...

NIKE x sacaiLDワッフルとブレーザー Midの2モデルを発売

NIKE x sacai LDワッフル ¥18,360(税込) NIKE x sacai ブレーザ...

ナイキ リアクト プレストの新しい点と馴染み深い点

ナイキ リアクト プレスト ¥12,960(税込) カラー: サイケデリック・ラーヴァ ナイキ リアクト プレス...

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%

マラソン界を席巻しているナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%は、世界で活躍するナイキのランナーたちの貴重なフィードバックを生かし...

ナイキ x トム・サックス ポンチョが登場

ナイキとトム・サックスのコラボレーションによるポンチョは、良いソリューションを作り上げる為には時間がかかることを再認識させてくれま...

ナイキ ファントム リアクト フライニット

今回新たに発売されるナイキ ファントム リアクト フライニットは、シューレースを無くすことによって実現したミニマルなルックスとダイ...

ナイキ x ジェリー・ロレンゾによるコラボレーション第2弾を4月30日より順次発売開始

ナイキ エア フィア オブ ゴッド ウォームアップ パンツ ¥27,000(税込) ナイキ エア フィア オブ ゴッド...

トム・サックスが新しいシューズを生み出すまでナイキ マーズ ヤード オーバーシューとポンチョを含むコレクションを4月27日から順次発売

今回のコレクションには、トム・サックスが新しくデザインしたナイキ マーズ ヤード オーバーシュー、ナイキ x トム・サックス ポン...

オリジナルカラーの黒と赤色のエア ジョーダン 4が登場

1989年5月7日のオハイオ州クリーブランドで、ファウルラインから空を飛ぶように1人のバスケットボール選手がブザービーターを放った...

歴史的な勝利 100 周年を記念するブラジル代表 コパ アメリカ ジャージ

1919年、ブラジルは第1回 コパ アメリカ大会を開催しました。白のユニフォームを着用したチームは、ホームでの優勝で歴史に名を残し...

NIKE x AMBUSH® エア マックス 1804 月 26 日より発売開始

NIKE x AMBUSH® エア マックス 180 ¥19,440(税込) 2018 HOLIDAY シーズンに...

ナイキが JUST DO IT キャンペーンを開始

「私にとって大事なのは、常に自分を信じてポジティブでいることです。 周囲の雑音を気にすることなく、前進し続けて欲しいと思います。...

ナイキ ACG SPRING/SUMMER 2019 アパレル プレビュー

ナイキ ACG アパレルは、アウトドアを楽しむことをサポートし、推奨してきました。「皆さんにハイキングやキャンプ等のアウトドアに出...

ナイキのエアが環境に優しい理由

ナイキとフランク・ルーディがエアに関しての協力をし始めた当初、エアを膨らませるための材料として、2つの気体:ヘキサフルオロエタン(...

ナイキ ACG リアクト テラ ゴービーが新登場

ナイキ ACG(All Conditions Gear)の存在は、週末を野山で過ごしたり、モーニングコーヒーを兼ねてランニングに出...

ジョーダン ブランド Summer 2019 Preview

エア ジョーダン 14 White/Red エア ジョーダン 14の発売20年を記念して、クラシックな色がOGそのままの形で...

ナイキ ポロにおける、新しい点と変わらない点

元々は馬に乗ってマレットを振るうスポーツの際に着用されていたポロシャツは、20世紀の初頭ごろに発明されました。そして、よりスポーツ...

テニス界のスーパースター 大坂なおみ選手がナイキと契約

グランドスラムで2勝を果たし、現在世界ランキング 1位の大坂なおみ選手が、ナイキのエリートプロアスリートに名を連ねることとなります...

ミッシング・リンク x ナイキ エア マックス スーザン発売

今回、ナイキとアニメーションスタジオ LAIKAの最新コラボレーションのインスピレーションとなったのは、同スタジオの新作映画「ミッ...

4つのコラボレーターとのナイキ エア マックス

エアの歴史は、ナイキ社内の活発なコラボレーションに支えられていますが、その勢いは世界中のさまざまな才能を持つ人とのアイディア交換に...

日本初となるNike SB スケートパーク「Nike SB dojo」4月6日(土) 東京・天王洲アイルにオープン

2020年に日本での開催を迎える国際大会で初めて正式競技に採用されたスケートボードがより一層の盛り上がりを見せる中、ナイキジャパン...

ローズマリー・セントクレアが語る女性スポーツの未来について

ナイキ VPでNIKE WOMEN GMでもあるローズマリー・セントクレアは、過去20年におけるスポーツ界での女性の状況と、勇気や...

ジョーダン ブランドがスケートボードカルチャーの歴史の一部であるエア ジョーダン 1を祝福

1985年に発売されたエア ジョーダン 1はシグネチャーシューズに関するすべての常識に疑問を投げかけるものでした。カラー(ルールに...

ナイキ マーキュリアル 360 スーパーフライ LVL UP

20年以上もの間、ナイキフットボールのアイコンであるマーキュリアルは、これまで爆発的なスピードを色やデザインで表現してきました。今...

ナイキ トータル 90 レーザー SE

ナイキフットボールのクラシックシリーズの歴史を祝い、ナイキ トータル 90 レーザーが限定特別版として戻ってきます。 ナ...

2019 ナイキ フリー ランニング コレクション

ナイキ フリーは足を自由に屈曲し、広げ、動くことを可能にします。従来のランニングモデルよりもより足の構造に近い足型(ラスト)を使っ...

ナイキ フリーとは

2001年、ナイキのデザイナーたちは、スタンフォード大学のランナーたちが、学内トラックの内側の芝地の上を裸足でクールダウンしている...

KD 12の内側について

ケビン・デュラントのシグネチャーシューズは、すべて快適さと反発性のバランスが取れたものになっています。最新の KD 12でも、シュ...

ナイキ エアの歴史

70年代のエア 1925年オハイオに生まれたマリオン・フランクリン・ルーディ(下の写真)は航空宇宙エンジニアでしたが、他業種...

エア ジョーダン 3 ティンカー “エア マックス 1”

AIR MAX DAYを記念して、ティンカー・ハットフィールドの手がけたもっともアイコニックなモデルの2つを融合させた、エア ジョ...

ナイキとUEFAが女子フットボール発展のために協力

ナイキはUEFAとのパートナーシップに合意し、女子フットボールの発展へ貢献していきます。 3年間の契約で、ナイキはUEFA ...

ジョーダン エア ラティチュード 720

ウィメンズ エクスクルーシブのジョーダン エア ラティチュード 720は、ジョーダン ブランドのフライト・ユーティリティのコンセプ...

ナイキ ヴィクトリー パック

この夏、ナイキの名前の由来にもなっている勝利の女神ニケの印象的な翼が、ナイキのヴィクトリー パックにあしらわれ、世界中のピッチに登...

14カ国のナショナルチームのための未来のフィット感

ナイキがサポートする14カ国のナショナルチームが、女子フットボールの究極の大会のためのユニフォームを披露する時、何百万ものファンは...

人の息がかかったテクノロジー:女性のためのイノベーションの未来

今こそ、ナイキで仕事をしている醍醐味を感じています。これまでとは少し違った方法で、女性アスリートを中心に据えて、アパレルのイノベー...

ナイキ ウィメン サマー アパレルコレクション

ナイキ ウィメンのサマーシーズンのアパレルは、様々な目的に対応するコレクションや、自由で効果的な動きに適した機能性重視のパックなど...

ナイキ ウィメン フットウェア プレビュー

ナイキ ウィメンがサマーシーズンに展開するフットウェアは、ナイキ エア フォース 1のようなクラシックなプロダクトから、未来を感じ...

ナイキ サマー 2019 サスティナブル フットウェア コレクション

この夏展開するフットウェアには、色や構造、素材イノベーションへの美しく新しいアプローチが盛り込まれています。 これまでとは違...

新しいスポーツブラに注目

写真右:ナイキ フライニット インディ スポーツブラ ¥7,560(税込) 適切なスポーツブラがあるかないかで...