走りつづける為のナイキ リアクト インフィニティ ラン
2019. 11. 13

もしも全てのランナーが速く走れるようになったら、それはとてもエキサイティングなことです。でも怪我の問題などを考えると、それは同時に大変な挑戦です。怪我は本当に避けられないのか?その疑問から、ナイキはランナーの怪我を減らす可能性に着目し、その実現の第一歩となるナイキ リアクト インフィニティ ランを開発しました。

ナイキが2017年にランニングの効率を高め、自己新記録の更新や、限界に挑戦する為のシューズとして、ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%を発表した時には多くのランナーから注目を集めました。また、同じ年には画期的なクッション性とエネルギー リターンを提供するナイキ独自のフォームであるナイキ リアクトが登場しました。このテクノロジーは柔らかく、弾力性があり、軽くて耐久性があるという特性を兼ね備えており、ランニングにとって、これまでほぼ不可能と思われた理想を叶えるものとなりました。ナイキ リアクト インフィニティ ランは、この運動力学的効率とクッション性という2つのテクノロジーの良さを微妙なバランスで併せ持った画期的なシューズで、従来のモーション コントロール シューズよりもさらに進化させたデザインによって、誰にでも履きこなせる安定性を高めた形状となっています。

ナイキ リアクト インフィニティ ランは柔らかく反発性のある幅広のミッド ソールをベースにしています。ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%の形状とも似ていますが、インフィニティのソール形状はロッキングチェアのようになっており、着地から爪先で蹴り出すまでのスムーズな足運びができるようになっています。このような素材と形状のコンビネーションは、着用したランナーがすぐに感じられるものになっています。シューズに足を入れると、安定感と走る原動力を感じることができ、リアクト フォームの反発性が長距離走にも役立ちます。インフィニティのソールの、ロッキング チェアのような形状は、体重を微かに前に傾けさせ、かかとから中足部、そして前足部への体重移動を促し、ランナーに自然な推進力を感じさせてくれます。幅広でサポート性に優れたフォームは安定感を提供すると同時に、足がスムーズにまっすぐな線を描き、横ぶれを防ぐように優しく誘導します。

こうした特徴を持つナイキ リアクト インフィニティ ランは、インターバル、テンポ走、長距離やレースなど、ランニングのタイプにとらわれることなく活用できる理想的なシューズです。ベースラン練習や、中距離を中程度の強度で走る日などに最も適しています。実に、第三者機関であるブリティッシュ コロンビア スポーツ 医学研究財団(BCSMRF)が226名のランナーに行なった研究で、ナイキ リアクト インフィニティ ランと、ナイキの従来型のモーション コントロール シューズであるナイキ エア ズーム ストラクチャー 22を比較したところ、ナイキ リアクト インフィニティ ランで走ったランナーは、従来型のモーション コントロール シューズを使った場合よりも怪我の発生率が52%減少しており、膝や足の痛みが少なくなったことをランナーが実証しています。*

* 226人の男女に12週間のランニング トレーニング プログラムを実施し研究したところ、ナイキ リアクト インフィニティ ランは、ナイキ エア ズーム ストラクチャー 22と比較して、ランニングの怪我を52%軽減しました。研究結果によると、ナイキ エア ズーム ストラクチャー 22で走ったランナーの30.3%が怪我を経験しましたが、ナイキ リアクト インフィニティ ランで走ったランナーは、14.5%のみが怪我を経験しました。

*「怪我」の定義は、参加者の判断により、ランニング関連の痛みで、3日もしくはそれ以上連続してランニングができなかったことを指します。

経験あるランナーは、最高のパフォーマンスと怪我の予防のためには、日々のランニングに変化をつけることが大事であることを知っています。(下記、「変化のあるトレーニングの重要性」を参照)シューズについても同じことが言えます。ナイキでは、最高の結果を生み出すための様々なワーク アウトに合わせたシューズを取り揃えていますが、ナイキ リアクト インフィニティ ランは今後その重要な一角を担う存在となります。

ナイキ リアクト インフィニティ ランは、1月30日からNIKEアプリ、NIKE.COM、及び一部のNIKE販売店で発売予定です。

変化のあるトレーニングの重要性

トレーニングに様々な動きや強度を組み合わせることで、より健康的でバランスのとれたアスリートになれるのと同様に、様々なラン練習を組み合わせることでスピード、筋力、持久力を養いつつ、ランナーにありがちな疲労傷害を防ぐことにも役立ちます。ランニングで最も大きな成功をした選手といえば、エリウド・キプチョゲがあげられますが、彼も体の状態を最高に保つために様々なランニング ワークアウトを適したシューズで実践しています。最も一般的な練習と、その練習の取り入れ方をご紹介します。

ロングラン

名前のとおり、通常、長距離を最もゆっくりしたスピードで走る練習で、筋肉の持久力とメンタルを養うために行われます。
頻度:一般的には週に1度

ベースラン

中程度の距離を快適なペースで走る練習です。最も基本的な練習となり、練習の殆どの距離をこのタイプの練習で行います。
頻度:週に2、3回

インターバルとファルトレック

高強度のダッシュとリカバリーを交互に行うもので、瞬間的に爆発力を発揮することでスピードとスタミナを養います。インターバルは通常はトラックで正確な距離を測りながら行う一方、ファルトレックはしばしばベースランと組み合わせて行われます。
頻度:週に1、2回

テンポ走

中距離を早めに走るもので、ランナーにとってはきついスピード、つまり最速スピードの85%程度で走り、長い時間速く走るための筋力と持久力を養います。
頻度:週1、2回

リカバリー走

一般的には筋力を消耗するようなレース、タイムトライアルやきついワークアウトの後に行うもので、短い距離を楽なペースで、距離を稼ぎながら体を休めるために行います。
頻度:必要に応じて

画像データは下記リンクの「GALLERY」よりダウンロードをお願いいたします。
https://news.nike.com/news/react-infinity-run

SEE MORE NIKE NEWS (プレスリリース)

ナイキ エア マックス 90 UNDEFEATED

ナイキ エア マックス 90 UNDEFEATED ¥16,500(税込) ナイキ エア マックス 90 UNDE...

ナイキ ヴィクトリー スイム コレクションで水の楽しみを発見する

プールのさざめく水面に飛び込む。海の波の上でボディーサーフィン。心臓をバクバクさせながらレーンを直線に泳ぐワークアウトや、スムーズ...

ボンディをルーツとするキリアン・エムバペ初のナイキコレクション

キリアン・エムバペ選手のために作られたマーキュリアル スーパーフライ 7を含む、キリアン・エムバペ選手の初となるシグネチャーコレク...

NBA シティ エディション ユニフォーム:チームの紹介

NBAの各チームのユニフォームを、チームの本拠地に関する情報や、地元を代表する人々の声からインスピレーション得てデザインとしてジャ...

ナイキ ダンク ロー バイオテック 2019の登場

ナイキ ダンク ロー バイオテック 2019 ¥12,100(税込) 2002年に日本限定で初登場したナイキ ダン...

ナイキで最も高さのあるエア ユニットと高いデザイン性を兼ね備えたナイキ ISPA エア マックス 720

ナイキ ISPA エア マックス 720 ¥23,100(税込) ナイキの幅広いイノベーションを活用し、都市生活の...

NIKE x UNDERCOVERのホリデーコレクションが登場

NIKEとUNDERCOVERの第二弾となる今回のコレクションのメイン アイテムであるNIKE x UNDERCOVER フィッシ...

ナイキ x マシュー・M・ウィリアムズ コレクションの第3弾が登場

マシュー・M・ウィリアムズとナイキのコラボレーションにおいて重要な点は、データを元に生まれたパターンやニットなどの先端デザインツー...

駅伝シーズンに向けた「EKIDEN PACK」12月3日より日本先行発売開始

ナイキは、2019-2020年の駅伝シーズンに向け、駅伝ランナーからインスピレーションを受けてデザインされたシューズとアパレルから...

ホリデーシーズン恒例のエア ジョーダン 11復刻今冬はブレッドカラー

1996年4月26日にNBAのコートで初めて着用されたエア ジョーダン 11 レトロは、プレーオフに向けた真剣さを表現するものでし...

ナイキとオーシャン コンサーバンシーが北極海航路不使用を宣言

ナイキはオーシャン コンサーバンシーと共に「アークティック シッピング コーポレイト プレッジ」(北極海航路企業宣言)を策定し、北...

G-DRAGONのナイキ エア フォース 1 “パラノイズ”が登場

ソウル生まれのヒップホップ スターであるG-DRAGONにとって、大好きなスニーカーであるナイキ エア フォース 1は、なかなか手...

走りつづける為のナイキ リアクト インフィニティ ラン

もしも全てのランナーが速く走れるようになったら、それはとてもエキサイティングなことです。でも怪我の問題などを考えると、それは同時に...

Nike c/o Virgil Abloh “Athlete in Progress” コレクション第二弾が発売

今年の6月に第一弾が発売された、Nike c/o Virgil Abloh “Athlete in Progress”コレクション...

トラヴィス・スコットのルーツ、テキサスを感じさせる頑強なエア フォース 1

ナイキ エア フォース 1 x カクタス ジャックは、カモフラージュ、コーデュロイ、帆布、ネル、レザー、スエード、ウールなどのトラ...

進化しながらも、馴染みのあるシューズカイリー 6の2つの側面

シグネチャーシューズを作ることは、2つの側面を持つ人間の自叙伝を書くような作業でもあります。アスリートが競技するときのスタイルをデ...

カイリー 6 プリヒート コレクション

カイリー・アービングは11という番号に特別な縁を持っています。まず家族の中でも、父親のドレデリック・アービングはバスケットボール選...

ジョーダン ブランドとファセッタズムのコラボレーション、エア ジョーダン 1 ミッド SE フィアレス ファセッタズムが登場

エア ジョーダン 1 ミッド SE フィアレス ファセッタズム ¥13,000(税抜き) 今シーズンにジョーダン ...

ナイキ エア マックス 720 ホライゾン コレクション

ナイキ エア マックス 720 ホライゾン ¥26,400(税込) ナイキ エア マックス 720 ホライゾン コ...

コートから強い印象を放つアイコン クラッシュ コレクション

このウィンターシーズンのアイコン クラッシュ コレクションは、バスケットボールデザインをベースにした組み合わせが自由にできる汎用性...

「死者の日」パック登場

メキシコの祝日である死者の日のお祝いにまつわる3つの特徴的な要素が、3つのナイキ スポーツウェアのユニークなデザインに結びつきまし...

新コンセプトストアNIKE Liveがアメリカ国外では初となる展開NIKE BY SHIBUYA SCRAMBLE 2019年11月1日オープン

11月1日、ナイキはNIKE BY SHIBUYA SCRAMBLEをオープンします。 Nike Liveと呼ぶ全く新しいコンセ...

気候変動に対するナイキの姿について

Move to Zero:ゼロへ。炭素排出ゼロ、排気量排出ゼロを目指すナイキの挑戦が目指すものはただ一つ、スポーツの未来を守ること...

初のフライイーズ ジョーダンとフィアレス ワンズ コレクションを構成する数々のコラボレーション

このホリデーシーズン、ジョーダン ブランドはフィアレス ワンズ コレクションを通じてエア ジョーダン 1が持つ力と影響力をセレブレ...

ナイキ ACG WINTER 2019 コレクションで冬も暖かく

ナイキ ACG プリマロフト トレイル パンツ ¥19,800(税込) ACG プリマロフト トレイル パンツにはウェ...

動きを大胆な柄で表現したコーディ・ハドソンの最新ランニングコレクション

アメリカのウィスコンシン生まれで、シカゴに拠点を置くコーディ・ハドソンは、ナイキランニングのA.I.R.(アーティスト・イン・レジ...

海岸の景色から着想を得たレブロン ジェームズ x ジョン エリオットアイコン コレクションが発売

2018年8月に初めて登場したナイキ レブロン ジェームズ x ジョン エリオット アイコン コレクションは、新鮮なライフスタイル...

今年メジャー通算15勝目を挙げ、完全復活を果たしたタイガー・ウッズがNIKE HARAJUKUにてトークショーに登場!

2019年のメジャー第1戦で感動的な復活優勝を果たしたタイガー・ウッズの来日に伴い、2019年10月20日(日)に、NIKE HA...

ナイキ マーキュリアル ドリーム スピード

地球最速のフットボールプレイヤー達のニーズに応えるため、ナイキはマーキュリアルの最新シリーズ、ナイキ マーキュリアル ドリーム ス...

NBAやゴアテックスを始め、多くのテーマを採用したナイキ エア フォース 1の新作登場

ウィメンズ エア フォース 1 シャドーの発表に続き、エア フォース 1の幅広い選択肢をさらに広げるプロダクトが展開されます。 ...

FC バルセロナ 2019-20 シーズンのサードキットクラブの旧ユニフォームを再現

FC バルセロナは、2019 シーズンを通してティールグリーンのサードキットを着用します。ティールグリーンはFC バルセロナが栄誉...

1989年を思い出させるパリ・サンジェルマンの新しいサードキット

ナイキ PSG ヴェイパー S/S マッチ 3R ジャージ ¥16,500(税抜) パリ・サンジェルマンの2019...

レブロン 17について知っておくべき5つのこと

ナイキ レブロン 17 LMTD ¥20,000(税抜) レブロン・ジェームズは6月にオレゴン州ビーバートンにある...

全てが新しくなったシャドウをはじめとするウィメンズ エア フォース 1の新作

今ホリデーシーズンでは、アイコニックなナイキ エア フォース 1の特徴的な要素に新しい表現を加え、季節に合わせた仕上がりの新作が登...

高橋盾氏が反骨精神をランニングの中に表現した最新のGYAKUSOU コレクション

UNDERCOVERの創立者である髙橋盾氏が率いるGYAKUSOU インターナショナル・ランニング・アソシエーション(GIRA)と...

必要とされるものだけを取り入れたエア ジョーダン 34

エア ジョーダン 34 PF ¥19,000(税抜) エア ジョーダン 34は、未来のスター選手たちに最高のバスケ...

新しいフライイーズ テクノロジーを擁するナイキ エア ズーム UNVRS

ナイキ エア ズーム UNVRS ¥16,000(税抜) 金メダリスト、ワシントン・ミスティックスのフォワ...

未来のナイキ ハラチ

1991年に初登場したナイキ ハラチは、足を包み込む斬新な方法を採用しました。ネオプレーン素材のブーティーと外骨格のようなアッパー...

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%新色 ピンクブラスト 9月15日に発売開始

ナイキ ズーム シリーズは、秋のマラソンシーズンに向けて、ネオングリーンの「ファントムグロー」からネオンピンクの「ピンクブラスト」...

NIKE x sacaiNikeのランニングヘリテージをアップデートした新たなコレクションを発売

sacaiのデザイナーの阿部千登勢氏は、直感を信じてデザインを生み出しています。まだ見たことのない何かを作り出そうとする時であって...