二酸化炭素排出量削減および、これからのステップについて
2021. 04. 22

ナイキインク チーフ・サステナビリティ・オフィサー
ノエル・キンダー

ナイキインク チーフ・サステナビリティ・オフィサーのノエル・キンダーが、気候変動に関わる大胆な目標とその達成のための戦略について次のように語っています。

世界的気候危機や、ナイキのような企業の果たすべき役割について考えるとき、私たちの使命および価値観に対して目を向けます。つまり、私たちがどのような存在であり、誰のために仕事をしているのか、そしてどのような未来を描きたいのかということです。

30年以上にわたり、私たちはサステナビリティの面で率先的な行動をとることに努めてきました。当初は、熱心な社員が草の根的な努力で古いスニーカーをリサイクルし、バスケットボールコートを作るなどするところから始まりました。現在では、ナイキのシューズやアパレルの75%に何らかの形でリサイクル素材が含まれており、私たちは製品の寿命を長くするための新しいビジネスモデルを模索しています。2000年代初頭には、ナイキのイノベーションの代表でもあるナイキ エアの主原料の中に有害な温室効果ガスが含まれることを発見し、ナイキ エアを根本から変える取り組みを行いました。その結果、現在ではエアはナイキで最も環境持続性に優れた素材の一つとなり、新しい世代のコンシューマーに刺激を与える新しいモデルやデザインに用いられています。

“世界的気候危機や、ナイキのような企業の果たすべき役割について考えるとき、私たちの使命および価値観に目を向けます。”

私は長年にわたって、環境持続性に対する取り組みが、法令遵守のための問題からナイキの中心的価値観へと変化していく様子を見てきました。チーフ・サステナビリティ・オフィサーに着任して以来、会社の中のあらゆるチームの地球を守るための取り組みへの情熱や熱意には大変な感銘を受けています。

しかし、問題の答えが全て見つかったわけではありません。私たちが掲げる最も大きな目標達成のためには、まだやるべきことが沢山あります。

温室効果ガス削減のための世界的な取り組みの中、業界の内外で協力して解決策を生み出そうとしています。
ナイキの二酸化炭素排出量削減に関する詳細は、FY20 Impact Reportをご確認ください。

世界中のアスリート*の未来を守るためには、温暖化による気温上昇を1.5℃以下に抑える必要があり、全ての人の努力が不可欠となります。このためには、世界中の温室効果ガス排出量をこの10年間で半減させ、2050年までに排出量ゼロを達成する必要があると科学的にも示されています。

アスリート*:“身体さえあれば誰もがアスリートである” – 共同設立者ビル・バウワーマン

だからこそナイキは、企業が二酸化炭素排出ゼロ経済への道のりを率先して進むことを求めるScience Based Targets イニシアチブ(SBTi / 科学的根拠に基づく目標イニシアチブ)に参加しています。2030年までに私たちは、温室効果ガス排出を自社所有および運営拠点において65%、サプライチェーン全体で30%削減することを目標にしています。

ナイキの規模を考えると、これは壮大な目標となりますし、まだまだ多くの課題を乗り越えていく必要があります。しかし、明確な目標や戦略を立てていけば、壮大な目標とはいえ実現できないわけではないと考えます。

今後5年間で、以下の点にフォーカスを置きながら二酸化炭素排出量削減に努めていきます:

  • 低炭素素材:環境に優しい素材の使用を主要素材の50%に高めることで、温室効果ガス排出量を50万トン削減します。
  • サプライチェーンでの脱炭素化:再生可能エネルギー、エネルギー効率化、代替燃料などにより、ビジネスを成長させながらも、主要なサプライヤーの稼働による温室効果ガス排出を2020年のレベルもしくはそれ以下に抑えます。
  • 100%再生エネルギー活用:100%再生可能な電力の利用と、配送車両の電気化を通して、自社所有および運営施設での温室効果ガス排出の絶対量を70%減らします。

ナイキの二酸化炭素排出の70%は製品の生産、製造および仕上げなどの工程から発生しています。だからこそ、
新しい環境持続性のある素材の研究開発を加速させると同時に、低炭素排出の代替物の採用を大規模に実行しています。

今後は、これまでの過程で得た挫折や発見を含む学びを生かしていきます。

例えば、この5年間を振り返ると、私たちは2020年度の二酸化炭素排出量削減目標を達成することができませんでした。素材廃棄量を減らし、再生可能エネルギー活用を拡大しましたが、より複雑な素材や製品デザインの採用、航空輸送や主要生産地域における電力供給状況の変化などによる問題に直面しました。また、製品一つあたりの平均的な二酸化炭素排出量といった集計指標に頼ることにより、最大の二酸化炭素排出の「ホットスポット」へのフォーカスをさらに絞る機会を逃していたのです。

そこでアプローチを変えることにしました。2025年に向けての二酸化炭素排出ターゲットに関しては、明確化と精度を高めていきます。特に、会社全体で最大の課題で最大の機会となる分野である、環境持続性のある素材、再生可能エネルギーの活用とエネルギー効率の向上にフォーカスしていきます。

例えば、ナイキの二酸化炭素排出の70%は素材に由来しているため、素材が重要であることがわかっています。そこで、私たちは環境持続性に優れた素材の研究開発を加速させ、低炭素排出の代替素材の採用を大規模に実行しています。

さらに、温室効果ガスの大半を生み出しているバリューチェーン全体にも広く目を向け、ビジネスを成長させながらも排出増加を抑える努力を進めています。そのために、サプライヤー、業界パートナーおよび競合他社とも協力し、太陽光発電や代替燃料などのソリューションへの投資を行っています。(もしも今のままの状態でビジネスを続けた場合、二酸化炭素排出量は2025年までに30%増加するという分析結果も出ています。)

また、ナイキ全体でも毎年の目標や四半期ごとの成績に対する説明責任を強化しています。今回はじめて役員報酬額を、この分野での進捗状況に紐づけています。

“実質的な変化を促すためには、気候に関する目標は机上の空論ではなく、行動につながるものでなくてはなりません。”

実質的な変化を促すため、気候に関する目標は机上の空論ではなく、行動につながるものでなくてはなりません。私たちの考え方、計画、運営、行動を変えるものであるべきです。また何より私たちがそれに対して責任を持つべきです。

だからこそ、私たちはこのように自分たちの計画を示し、今後の進捗をお伝えしていきたいと考えています。全ての会社は、何らかの影響や足跡を残します。私たちのゴールは常に、ナイキが残す足跡がより良い世界を作るために役立つものとなることです。

画像データは下記リンクの「GALLERY」よりダウンロードをお願いいたします。
https://news.nike.com/news/our-carbon-footprint-and-our-next-steps

SEE MORE NIKE NEWS (プレスリリース)

ナイキフットボール2022年 ナショナル チーム コレクション

新しく大胆にデザインされた2022年のナイキフットボール ナショナル チーム コレクションは、独自のスポーツ科学の知識とデジタルデ...

ナイキが新たなアパレル生産の循環性を念頭に置いたイノベーション・プラットフォーム「Nike Forward」を開発

ナイキ フォワード ウィメンズ クルー ¥15,400(税込) ナイキ フォワード メンズ クルー ¥15,...

ナイキ x トム・サックスナイキクラフト ジェネラル・パーパス・シューにアーカイブ カラーが登場

ナイキクラフト ジェネラル・パーパス・シュー(GPS) アーカイブ カラー ¥12,100(税込) ナイキクラ...

アスリートとスポーツの未来のためにナイキのイノベーションを推進させたNike x sacai ズーム コルテッツ

Nike x sacai ズーム コルテッツ ¥22,000(税込) sacaiのデザイナーである阿部千登勢氏が、...

NIKE x AMBUSH® エア アジャスト フォース8月19日より発売開始

NIKE x AMBUSH® エア アジャスト フォース ¥24,200(税込) AMBUSH®創立者の一人でクリ...

スポーツの未来に貢献するためのイノベーションナイキ ペガサス ターボ ネクスト ネイチャー8月3日よりメンバー限定で先行発売

ナイキ ペガサス ターボ ネクスト ネイチャー ¥17,600(税込) ナイキは、地球の未来を考えたパフォーマンス...

ジョーダン ブランドが日本バスケットボール協会のユニフォームサプライヤーに決定。

ジョーダン ブランドが、日本バスケットボール協会の男子、女子、3x3、ユースを含む日本代表チームの公式ユニフォームサプライヤーとな...

ナイキが(M) コレクションを8/9から展開母性とスポーツのつながりを深める

ナイキ ドライフィット (M) プルオーバー ¥10,230(税込) ナイキ ドライフィット ワン (M) レギンス...

ルカ・ドンチッチから着想を得てジョーダン ブランドの新しいイノベーションを形にしたルカ 1

ルカ 1は、ルカ・ドンチッチの全方位的なプレーのためにデザインされました。ガードを務めるルカ・ドンチッチの初めてのシグネチャーシュ...

ナイキとジャックムスの「ランウェイとスポーツ」をつなげる新しいスタイル8月5日より発売開始

サイモン・ポート・ジャックムスは、スポーツとスタイルはつながっていると考えています。彼自身の名前を冠したブランドであるJACQUE...

新しいナイキ エア ズーム マーキュリアル、フットボーラーのために特別にデザインされたズームエアを搭載

ナイキ エア ズーム マーキュリアル スーパーフライ ¥31,900(税込) 世界的大会が行われる重要な年にデ...

最新のイノベーションを搭載した長距離/短距離向けのスパイク「ナイキ エア ズーム ヴィクトリー モア アップテンポ フライニット」と「ナイキ エア ズーム マックスフライ モア アップテンポ」を6月17日より発売

ナイキは、スパイク分野においても何十年にわたるイノベーションの歴史を誇りますが、今回新たに長距離と短距離のスパイク2モデルを発売し...

新しくなった「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」

「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2」 ¥31,900(税込) ナイキ エア ズーム アルフ...

ナイキクラフトの「特別な人々のための日常靴」

ナイキクラフト ジェネラル・パーパス・シュー(GPS)は、あらゆる場面に対応できるように作られた、控えめで良質なデザインの万能シュ...

コミュニティのしなやかさを称えるナイキ Be True サマー 2022 コレクション

ナイキ Be True サマー 2022 コレクションは、フィールドの内外で次世代のためにスポーツの枠を広げ、ありのままの自分でい...

ナイキが多様なパートナーと開発した運動遊びプログラム「JUMP-JAM」が学校へ拡大先生や支援員向け無料サービス「JUMP-JAM at School」が2022年6月より首都圏エリアで募集を開始

ナイキジャパングループ合同会社(本社:東京都港区、ゼネラル・マネージャー:小林哲二、以下ナイキ)が、2017年から東京都内の児童館...

ナイキと公益社団法人日本ダンススポーツ連盟がパートナーシップを締結ブレイキン日本代表チームをサポートし日本のダンスを盛り上げる

この度、ナイキジャパンは、公益社団法人日本ダンススポーツ連盟(Japan DanceSport Federation; 略称JDS...

“Seen It All” ナイキ50周年を記念し、これからの50年を大胆に展望する

ナイキは創立50周年に合わせ、最新のグローバルブランドアンセム「Seen It All(すべてを見てきた)」を発表し、これまでの鮮...

ナイキとジャックムスの「ランウェイとスポーツ」をつなげる新しいスタイル

サイモン・ポート・ジャックムスは、スポーツとスタイルはつながっていると考えています。彼自身の名前を冠したブランドであるJACQUE...

コンセプトストアNIKE Liveの国内で2号店となるNIKE BY YOKOHAMAが、2022年4月28日オープン

ナイキは、国内で2号店目となるNike Liveコンセプトストア「NIKE BY YOKOHAMA」を4月28日にオープンします。...

ナイキ ISPAが作り出す分解できるフットウェアとデザインの未来

ナイキ ISPA Link ¥27,500(税込) ナイキ ISPAから新たに、着用し、その機能を活用した後に、分...

循環性がナイキのサステナブルなイノベーションを進める

ナイキは、そのサービスの対象であるアスリート*と同様、常に進歩を求めています。この気候危機の時代において、進歩とは環境負荷を抑え、...

スタイル、機能性とサステナブル素材を融合させたナイキのシーズナル コレクション

ナイキは地球とスポーツの未来を守る取り組みを続けています。2025年達成を目標にしたサステナビリティに関する大きなゴールに向かうべ...

スポーツを通して日本の若い世代のウェルビーイングを目指すナイキの新たなプログラム「NIKE塾」

堀米雄斗選手、RIEHATAさん、新しい学校のリーダーズ、ゆりやんレトリィバァさんをコーチに起用 ナイキは、変化の多...

39年の歴史が裏付ける信頼ナイキ エア ズーム ペガサス 39

ナイキ エア ズーム ペガサス 39 ¥14,300(税込) ナイキ エア ズーム ペガサス 39 フライイーズ &...

リサイクル原料を活用し新しく生まれ変わったビリー・アイリッシュのナイキ エア フォース 1

ナイキ エア フォース 1 ビリー ¥20,900(税込) ビリー・アイリッシュの自己表現へのユニークなアプローチ...

ナイキが取り組む、従業員、コミュニティ、地球のための目標

ジョン・ドナホー(President & CEO, NIKE, Inc.)が語るナイキの50年にわたるパーパス共有の力 20...

アスリートと地球のためのマーキュリアル ヴェイパー ネクスト ネイチャー

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー ネクスト ネイチャー ¥36,300(税込) ナイキ マーキュリアル ヴェイパ...

スポーツの未来に貢献するためのイノベーションナイキ ペガサス ターボ ネクスト ネイチャー

ナイキ ペガサス ターボ ネクスト ネイチャー ¥17,600(税込) ナイキ ペガサス ターボ ネクスト ネイチ...

NIKE x OFF-WHITE ブレーザー ロー登場

NIKE x OFF-WHITE ブレーザー ロー ¥17,050(税込) ナイキとヴァージル・アブローは、共に次...

Nike x sacai ブレーザー ローが登場

Nike x sacai ブレーザー ロー ¥14,300(税込) sacaiの阿部千登勢氏の手により、ブレーザー...

最新のNike x sacai ヴェイパーワッフルが登場

Nike x sacai ヴェイパーワッフル ¥22,000(税込) Nike x sacai ヴェイパーワッフル...

NOCTAからシグネチャーシューズナイキ ホット ステップが登場

NOCTA ホット ステップ ¥20,900(税込) NOCTAから初めてのシグネチャーシューズであるNOCTA ...

NIKE x ACRONYM®Spring 2022 コレクション

ナイキとアクロニウム®の創設者であるエロルソン・ヒューによるコラボレーションがアスリートとスポーツの未来のために再び登場します。実...

5km、10kmなどの短い距離に向けた最新のロードレーシングシューズナイキ ズームエックス ストリークフライ登場

ナイキ ズームエックス ストリークフライ ¥19,250(税込) ナイキは、5km、10kmなどの短いロードレー...

位置について、よーい、プレー!ナイキがキッズ フットウェアとアパレルにフライイーズ・ソリューションを提供

子どもたちの優れた特徴の一つは思いつきからの動きの速さです。走りたい、飛びたい、ダンスをしたいと思った時にすぐに動きたくなるのです...

地域社会のニーズに応え、コミュニティや子どもたちを活発にする活動を支援するナイキ・コミュニティ・インパクト・ファンドの支援先を日本国内で初募集

ナイキ・コミュニティ・インパクト・ファンド(NCIF)はナイキの従業員がリードし、地域の活性化を後押しする助成金事業で、米国、ヨー...

大坂なおみ選手のアパレル コレクション第3弾が登場

*大坂なおみ選手が着用しているオレンジのトップスは日本未展開商品のコレクションです。 ナイキは、大坂なおみ選手の第3弾のアパ...