アースデーにあたり、3つの視点から規模を考える
2021. 04. 23

アースデー(地球の日)に開始した新しいコンテンツシリーズ「Talking Trash」(=ゴミについて考える:気候変動に関する対話)では、若いリーダーと世界をリードする気候の専門家たちが、コンサートステージや高校の食堂といった場面を問わず、誰もが地球の環境のためにできる小さくても実用的なことを語ります。何よりも大事なことは、一人一人の行動が大きな効果を生み出せるということです。

ナイキでは、サステナブルなアイディアを大規模に実現することによって、気候変動にも大きな効果を生み出せると考えています。私たちのような規模の会社では、小さなことでも、長期的に繰り返されることによって最終的には大きなインパクトが生まれていきます。ナイキの行動のあらゆる側面を見直し、微調整を加えることによって業界全体、ひいては地球にも良い影響を与える大きな変化が生まれていきます。規模を大きくするということはどのようなことなのか、そしてナイキはどのように行動に移していくのかについてご紹介していきます。

1. 意味のある対話を生み出していくこと

Talking Trashの最初のエピソードでは、シンガーソングライターのビリー・アイリッシュとアヤナ・エリザベス・ジョンソン博士が、一人一人の楽しみやスキルと気候変動対策のために必要なソリューションとを、どのように重ね合わせるのかについて語ります。さらに、それぞれのつながりの中から大きなムーブメントに影響を与えるための、身近にあるきっかけについても考えます。例えば車の代わりに自転車で通勤するなど、一人一人の行動が積み重なって他の人にも影響を与える事が出来たら、それは意味のある事となります。大事なことは、自分の得意なことをきっかけに、地球の環境のための対話を続ける方法を見つけていくことです。

ビリー・アイリッシュは次のように話しています。

「嘆願書に署名したり、行進に参加したり、ショーでも気候変動について話をしています。コンサートで6万人の前に立ち、私はどのような話でも伝える事が出来ると感じました。」

2. 大きなシステムの中の一つ一つの要素に目を向けること

平均すると、世界のどこかで6秒に1枚テンポ ショーツが購入されています。これはナイキの中で世界で一番販売数の多いアパレル製品です。現在、テンポ ショーツ シリーズの全てに少なくとも75%の再生ポリエステルが使われています。ナイキはフットウェア、アパレルを含む展開製品すべてに目を向け、環境への影響が大きい二酸化炭素の排出量を抑える方法を模索しています。ポリエステル、コットン、皮革およびゴムの主要な素材すべてにおいて、二酸化炭素排出を抑えた素材の使用を50%まで増やすことにより、2025年までにナイキ全体で温室効果ガスの排出量を50万トン減らすことができるようになります。この中で生産量の大きなテンポ ショーツの存在は見逃せません。ナイキがバリューチェーン全体で気候変動への対策を行なっていることに関する詳細は、ナイキのサステナビリティへの取り組みからご確認ください。私たちは、ナイキ製品に使用する素材から製品の使用終了までを考えた物作りをしています。

3. 失敗を経て大きなゴール達成にコミットすること

毎年インパクトレポート(ナイキの環境や社会への影響に関する報告)を発表することで、重要な結果が生まれます。過去5年間を振り返ると、ナイキは2020年度に向けて掲げた二酸化炭素排出量削減目標を達成できなかったことがわかります。この残念な結果については、ナイキのチーフ・サステナビリティ・オフィサーのノエル・キンダーが先日説明したとおりですが、これは製品あたりの平均的な二酸化炭素排出量など、総計的な数値に頼ってきたことが原因となっています。これを受けて、ナイキではサステナブルな素材や再生可能エネルギーの利用、そしてエネルギーの効率化などの各側面において、具体的な変化を責任を持って把握できるようにしています。また、サプライヤーや業界のパートナーとも協力し、太陽光発電やその他の代替燃料にも投資し、フットウェア、アパレル業界全体として二酸化炭素排出量削減に努めます。これまで機会を逃してきたことを考えると、規模が大きいということは責任の所在を見えなくすることではなく、規模があるからこそナイキがアプローチを変える理由になり、同時に他のグループも巻き込む理由になるのです。

画像データは下記リンクの「GALLERY」よりダウンロードをお願いいたします。
https://news.nike.com/news/nike-inc-billie-elish-talking-trash

SEE MORE NIKE NEWS (プレスリリース)

東京に向けてスポーツの創造性を表現バスケットボールカルチャーを掛け合わせたNIKE x UNDERCOVER アパレル コレクション

NIKE x UNDERCOVER アパレル コレクションは、スポーツが持つあらゆるものを結びつける価値を、想像力や可能性、活力と...

東京から世界へ、未知なるイノベーションを創造するNIKELAB RADIO*がスタート

NIKELABは長年の間、その名の通りデザインやイノベーションに対して実験的なアプローチを絶えず行い、スポーツとカルチャーの境界を...

この夏、スポーツの力を信じるすべての人が集まりつくられるプラットフォーム NIKE TOKYO LIVEをスタート

ナイキは、スポーツの新しい発見や楽しみ方を促すナイキの最新グローバルキャンペーン「Play New」の一環として、スポーツの力を信...

東京に向けてナイキがスポーツの創造性を表現

東京で行われる世界最大のスポーツイベントを前に、ナイキは世界的なデザイナーとのコラボレーションを通じて新しいスポーツの表現を生み出...

サンディ・ボーデッカーを偲ぶナイキ SB サンディ ズームX ブルインが登場

ナイキ SB サンディ ズームX ブルイン ¥28,600(税込) 先見の明があり、優れたナイキのリーダーであった...

ナイキと高橋盾氏のパートナーシップ10周年を記念した最新のNIKELAB GYAKUSOU コレクション

NIKELAB GYAKUSOU ズームX ヴェイパーフライ ネクスト% ¥33,000(税込) NIKELAB GY...

スポーツが生み出す一体感を祝福するナイキの「ローディシアス」カラー

ナイキが東京のためにデザインした、白を基調にピンクブラスト、トータルオレンジ、ブライトクリムゾンを組み合わせた「ローディシアス」カ...

スポーツとデザインの創造性をつなぎ合わせるNIKE SBフェデレーションキット

2021年6月29日、ナイキはアメリカ、フランス、ブラジルに続き、日本のスケートボードのフェデレーションキットを発表します。 ...

映画「スペース・プレイヤーズ」から、楽しさにフォーカスしたコレクションが登場

フットウェア左上:ナイキ エア フォース 1 ’07 ¥14,300(税込) アパレル左:レブロン Dri-FIT ジ...

それぞれのストーリーとパッチがエネルギーを伝えるナイキ 2021年 BeTrue コレクション

よりパーソナルな表現を可能にするために、それぞれのフットウェアにはベルクロのパッチが同梱され、着用者はLGBTQIA+を表現する9...

日本バスケットボール発展のためにナイキとJBAがパートナーシップを締結

2021年6月9日、ナイキジャパンはJBA(公益財団法人日本バスケットボール協会)とのパートナーシップを締結したことを発表します。...

NIKE ACGの最新コレクションが登場

ナイキ オール コンディションズ ギア(ACG)はアウトドア向けに耐久性とスタイルを兼ね備えたプロダクトを提供しています。自然界へ...

ナイキジャパン、新しいフィルム「New Girl」を発表変化の動機づけや機会を提供するスポーツの力を祝福

スポーツの新しい発見や楽しみ方を促すナイキの最新グローバルキャンペーン「Play New」の発表に続き、日本ではキャンペーンフィル...

強さと深さを感じさせる大坂なおみ選手のアパレル コレクション 第2弾が登場

Tシャツ、ショーツ、フーディ、クロップ トップ、メッシュ ボディスーツからなる大坂なおみのアパレル カプセル コレクション第2弾で...

ジョーダン ブランドとパリ・サンジェルマンのホームキットにジャンプマンが登場

パリ サンジェルマン 2021/22 マッチ ホーム メンズ ナイキ Dri-FIT ADV サッカーユニフォーム ¥1...

アーティスト Mayumi Yamaseがペイントするナイキ フライレザー

ナイキ エア フォース 1 フライレザー ¥15,400(税込) ナイキ ブレーザー ロー フライレザー ¥...

スポーツを新たな角度から発見しPlayの意義を讃えるナイキの最新キャンペーン「Play New」がスタート

ナイキの最新キャンペーン「Play New」は、スポーツを新たな角度から発見することを提案します。このキャンペーンの開始時にリリー...

アースデーにあたり、3つの視点から規模を考える

アースデー(地球の日)に開始した新しいコンテンツシリーズ「Talking Trash」(=ゴミについて考える:気候変動に関する対話...

二酸化炭素排出量削減および、これからのステップについて

ナイキインク チーフ・サステナビリティ・オフィサー ノエル・キンダー ナイキインク チーフ・サステナビリティ・オフィサーの...

人並み外れた動きに対応するザイオン 1

高校時代の名場面ビデオを見ても、ザイオン・ウィリアムソンがたった1回のダンクでスタジアム全体の注目を集められることがわかります。ジ...

2021年夏のMove to Zero フットウェア

ナイキ クレーター インパクト ¥12,100(税込) ナイキのデザインの表現の可能性をさらに広げるべく、この夏の...

ナイキのサステナビリティへの取り組み

①INTRODUCTION / はじめに 気候変動への対策が早急に求められる中、 ナイキはアスリート*、そして地球のために...

ナイキのインパクトレポートの意味を理解する

ナイキは、20年にわたりインパクトレポート(ナイキの環境や社会への影響に関する報告)を発表していますが、3年前からは年に1度の発表...

ジョン・ドナホーによるナイキ インパクトレポート2020年度のイントロダクション

1964年、ナイキの歴史は1人のランナーと彼のコーチの握手から始まりました。会社の成長とともに、世界のなかで果たせるナイキの役割や...

38年の歴史が裏づける信頼性 – ナイキ エア ズーム ペガサス 38新しくなった点と変わらない点

ナイキ エア ズーム ペガサス 38 ¥14,300(税込) 長い年月を重ねて完成に近づいていくことで、信頼できる...

進化を表現するスケプタの新しいエア

ナイキ エア テイルウィンド V x Skepta ¥20,000 + 税 ナイキ x Skepta トラックスーツ ...

見て、聞いて、繋がる今年のエア マックス デー

ナイキは2021 エア マックス デーにバーチャルイベント Air Max Day Worldwideを展開し、訪れる人々にこの人...

ナイキ エア マックス プリデイが何世代にもわたるイノベーションをつなぐ

ナイキ エア マックス プリデイ ¥14,000 + 税 ナイキ エア マックス プリデイは、1979年から198...

ナイキ エア マックス 95 x キム・ジョーンズ カプセルコレクション

ナイキ エア マックス 95 x キム・ジョーンズ ¥24,000 + 税 2016年から続くキム・ジョーンズとナ...

ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト% 2発売開始

「アクアカラー」(価格: ¥24,500+税) ナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%は、ずば抜けたエ...

機能性と環境持続性を両立させたACGのアイテム

ナイキ ACGの背景にある考え方と、サステナブルデザインを導く理念の出会いが変化を生み出します。素晴らしいギアがさまざまな気象条件...

NIKE x READYMADE ブレーザー MID登場

NIKE x READYMADE ブレーザー MID ¥17,500 + 税 ナイキとデザイナー細川雄太氏が手掛け...

ランナーの走り方を革新的なアパレルづくりに生かしたNSRL コレクション

ナイキ スポーツ研究所(NSRL)がアスリートを研究する際、何時間もかけてパフォーマンスに関する微細なことまで全てを分析し、調査、...

より良く、より環境に配慮した要素から作られたコズミック ユニティー

ナイキ コズミック ユニティー ¥18,150(税込) ナイキ コズミック ユニティーは、ナイキで初めて重量換算で...

エアの進化の歴史を表現するエア マックス 2021 スプリング コレクション

ナイキ エア マックス 2090 EOI ¥16,000 + 税 ナイキ エア マックス ビバ ¥...

ナイキ ゴー フライイーズ発売

ナイキ ゴー フライイーズ ¥13,000 + 税 ナイキ ゴー フライイーズは、簡単に脱いだり履いたりすることが...

ジョーダン ブランドから新しいデイリーウェアとデイリー“エア”が登場

ジョーダン フューチャー プライマル ウィメンズ フライト スーツ ¥19,000 + 税 ジョーダン ブランド MA...

スピードを表現した新しいナイキ マーキュリアル

ナイキ ヴェイパー 14 エリート FG ¥29,700(税込) ※ナイキ スーパーフライ 8 エリート FGは、日本...

ナイキ&浦和レッズの2021年新ユニフォームを発表クラブに関わる全ての人が一丸になって戦うパワーと情熱を、伝統のカラーとスタジアムやダイヤモンドの構造を取り入れたデザインで表現

ナイキは、2021年シーズンに向け、浦和レッズの新ユニフォームを発表します。ホームユニフォームは、伝統のカラーコンビネーションであ...